【Lyric Art】リリックアート 洋楽の歌詞・和訳解説 (*´∀`*) フリートーク有り

※2018・5.21※ 【ブログ名変更しました】
 [過去ブログ名] zuzurelliの洋楽歌詞の和訳と擬人化のブログ
ここでは、主に洋楽の紹介や、歌詞の翻訳を行っています。
また、個人的に大好きなCimorelliというグループを紹介しています。
あと、洋楽の紹介と同時に、直感的にイメージが沸いた絵を掲載しています。   
その日の気分により、絵の画風が変わりますが、 ぬるい目で見守っていただけたらと思います・・

 
【素敵な思い出を当時の音楽で表現した青春ソングです】




 
皆さん  
急ですが、ここで2002年を振り返って見ましょう。
いまから15年以上前のこととなります。

携帯電話がすっかり生活に馴染んで、
高校生あたりは、持っていないとちょっと
時代に追いつけなくなるような、
とにかくめまぐるしい時代でした。
すくなからず僕の経験では。。汗

当時、着信音の和音数が増えたり
カラー液晶になったかと思えば、
カメラ機能がついて・・・


ですがFOMAになるまでは、
パケット邦題なんて無く、
写真を友達に送ったり、
着信音を複数ダウンロードや、
インターネットをするとなれば、
とにかくお金がかかり、多い時は
月3,4万の携帯代がかかり、
親にはかなり迷惑かけたものです ^^;笑
今はパケット使い放題、LINE通話、WI-FI機能 etc・・
とても便利な世の中となりました。


あの時はおそらく、携帯の進化の過渡期
あのめまぐるしい時代があったからこそ
今のサービスに至っている、といえるかもしれません。

実質、当時の日本の携帯の進化は、
他の国々の技術を完全に追い抜いていました。
絵文字は海外でもEmoji と使われるように、
日本発祥の機能が満載だったのです。

まぁそんな意味では、
夢と希望に満ち溢れていた時代だったかもしれません。
現に毎日が楽しく、新しい機能を待ちわびていたものです。

今学生の方は和音数FOMAなんて言葉知らないですよねぇ・・^^;汗
時が経つのは早いものです・・・
すみません、携帯電話に特化した話はここで終わります 笑



2002年
僕がピンポイントでの出来事で一番思い出に残っているのは
サッカーFIFAワールドカップin 日本&韓国ですかね。

2回目のワールドカップ出場、そして初の自国開催に
日本中が盛り上がりました。
そしてグループリーグ初突破に日本はおおいに沸きました。
ですが日本は惜しくもベスト16止まり・・
初のベスト16とはいえ、とても悔しかったのを覚えています。



皆さんは、当時の出来事で何が一番記憶にあるでしょうか?


・・・はい!今度こそ本編に戻りましょう!

この歌のタイトル【2002】は、
西暦2002年の意味合いで使われています。

歌っているのは【Anne Marie】アン・マリー という女性。
イギリスのシンガーです。
この女性は一つ、日本と関係する特技を持っています
それは空手ができる事と、その上でタイトルを手にしているということです。
どういうことかというと、空手の世界大会で優勝経験があるのです。
すごすぎますよね・・・

歌の説明に戻りますが、この曲は基本的には
恋愛ソングです。恋愛対象はなんと・・・エド・シーランなんだとか・・
実際はわかりませんが・・笑
エドシーランはいろんな歌手と音楽を手がけるので,,
でもまぁ過去にも2人で手がけて一緒に歌っている音楽もあるので、
結ばれる可能性は十分にありますよね。

ですが、僕は、
恋愛の方向性よりも
[2002年]を曲タイトルに持っていった理由

ブログをご覧になっている方にお伝えできればと思っています。

実はこの歌、サビの歌詞が結構面白いです。
当時の流行った洋楽を知っている方はピンと来るような、
そんな作りになっています。


そういうのも含めてこの曲を聴いてみてください★

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


I will always remember
The day you kissed my lips
Light as a feather
And it went just like this
No, it's never been better
Than the summer of two thousand and two

We were only eleven
But acting like grown-ups
Like we are in the present
Drinking from plastic cups
Singing "love is forever and ever"
Well, I guess that was true

Dancing on the hood in the middle of the woods
On an old Mustang, where we sang
Songs with all our childhood friends
And it went like this, say

※サビ ---------------------------------------
Oops, I got 99 problems singing bye, bye, bye
Hold up, if you wanna go and take a ride with me
Better hit me, baby, one more time

Paint a picture for you and me
Of the days when we were young, uh
Singing at the top of both our lungs
----------------------------------------------


Now we're under the covers
Fast forward to eighteen
We are more than lovers
Yeah, we are all we need
When we're holding each other
I'm taken back to two thousand and two
Yeah
Dancing on the hood in the middle of the woods
On an old Mustang, where we sang
Songs with all our childhood friends
And it went like this, say

※サビ くり返し

On the day we fell in love
On the day we fell in love

Dancing on the hood in the middle of the woods
On an old Mustang, where we sang
Songs with all our childhood friends
Oh, now

※サビ くり返し

On the day we fell in love
On the day we fell in love
On the day we fell in love
On the day we fell in love, love, love

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】


私はいつも覚えているの
その日あなたは私の唇にキスをした
羽のように軽い
そんな感じだったわ
いやもう、これ以上のことは無いくらいよかったの
それは2002年の夏

私たちは11歳だったわ
けれど大人びていたの
現在のようにね
お酒みたいにコップでジュースとか飲んでさ
"愛はずっと永遠に・・"とか歌っちゃって
まあ、私は真実だと思うわ

森の真ん中、古いマスタングのボンネットの上で
ダンスしたり歌ったりしたの私たちは。
歌は、幼馴じみや友達と一緒にね
こんな感じに さぁ



※サビ-----------------------------------
{昔歌った6つの曲の歌詞や
タイトルをつなげて歌っています}

あらら、99の問題を抱えちゃったバイバイ
抱いてよ あなたが私と一緒に居たいなら
私に連絡してよ ちゃんと

私たちの絵を描こうよ
若かったころのあの日を
そして大声で歌うんだ

-------------------------------------------


今私たちはベッドで寝ているわ
18歳まで早送りすると
私たちは恋人以上なんだよね
私たちに必要なのはお互いで
抱きしめあっていると
2002年に戻れるのよね

森の真ん中、古いマスタングのボンネットの上で
ダンスしたり歌ったりしたの私たちは。
歌は、幼馴じみや友達と一緒にね
こんな感じに さぁ

※サビ くり返し

私たちが恋をしたあの日
私たちが恋をしたあの日

森の真ん中、古いマスタングのボンネットの上で
ダンスしたり歌ったりしたの私たちは。
歌は、幼馴じみや友達と一緒にね
今・・


※サビ くり返し

私たちが恋をしたあの日
私たちが恋をしたあの日
私たちが恋をしたあの日
私たちが恋をしたあの日


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?
歌詞自体は、くり返し要素が多いので、
覚えやすく耳に残りやすいかと思います。

冒頭で恋愛ソングといいましたが、
大まかな歌の流れとしては、
今の恋愛が、アン・マリーにとって、
自身の一番の思い出の時である
2002年の時のように楽しいという
意味合いが込められています。

恋愛の対象として、エドシーランの可能性が大ですが、
歌詞上には、抽象的な表現にまとめられています。

といいますのも、この歌は
現在と過去の登場人物が同一で
あたかも2002年当時の友達と結ばれた表現

しているからです。

まぁそれ自体は、歌としては
ストーリー性もあり素敵な歌詞になっています。

ただ、エドシーランに対しての歌詞と言い切るのは難しいです。
奇しくも2人は同い年なのですが、
地元が同じわけでもないので、2002年の11歳のころは
出会ってない
というのが理由です。


この歌は恋愛がベースで過去の思い出と天秤をかけています。
ここがこの歌の肝だと思います。


この歌詞の真実の部分であり、彼女が本当に伝えたい部分

それは、タイトルにもあるように、
彼女の2002年の最高の思い出をリスナーに伝えたい曲なのです。

サビは恋愛を重点的に歌っていて、そこに目が行くのは
自然なこと
ですが、
このサビというのが、彼女の当時の思い出を
可視化
歌詞化しています。  ・・・かしかしかしかしています 笑

つまり、サビに入る前の歌詞の情景こそが、
彼女の偽りの無い純粋な本当の思い出
であり、
恋愛の部分は、どちらかというと
この歌を引き立てるスパイスになっています。


要するに、メッセージ性の視点が逆転しているのです。
ここがこの歌の肝であり、素敵な部分だと思います。

恋愛の歌ではありますが、本当に意識してほしいのは
過去の素敵な思い出を知ってほしいという、
意味合いが感じられ部分です。

それを裏付けるのがタイトルとして持ってきた
【2002】なんだと思います。


説明が長くなりましたが、2002年の思い出に
視点を変えると、この歌をより深く味わえます。

まず、1つ目の味わってほしい部分は、
Old Mustang 古いマスタングという車種のアメ車です。

歌詞上では、この車のフロント部分に乗って踊る
という表現をしています。
パッと想像するに、不可能そうに感じますよね。

ですが実際は可能です。
この車はフロント部分がとても広く、おふざけで
乗ってダンスなんて簡単に出来ます。

・・・まぁ実際に現役の車だったら、傷がつくので
ダンスはさすがに躊躇するところですが、
この車は古いマスタングです。

そして、結構スルーされがちな所ですが、
古いという表現が肝です。
おそらくこのマスタングはサビだらけの
森に捨てられた廃車だという事が見えてきます。

日本でも、たまに田舎の道脇に
完全に動かない錆びれた廃車、ありますよね?
実際、古いマスタングが現役とするならば
1970年代から80年代を指します。
ですから、歌詞上のマスタングは廃車を意味します。

当時11歳の彼女です。幼ななじみや友達と
この廃車を舞台にパーティーでもしたのでしょう


それでも、フロント部分でダンスなんて
ちょっと行き過ぎてる感はありますが、
思春期真っ盛りの年齢ですから、
ヤンチャや背伸び、ちょっぴり悪いことだって
したくなるものです。

そんなハラハラドキドキの体験を
友達と楽しんだ2002年のひと時こそが
アン・マリーの思い出の
この歌における真実です。


そして2つめに味わってほしい部分は。
彼女が2002年当時に、
自身がハマッていた曲を
サビ中にうまく表現している所。


この部分は、たくさんの人が気づいているようで
いろんな和訳サイトでも説明されているので
僕のほうで詳しくは説明しません。

当時彼女が好きだった6つの曲を
サビの最初の3行に合体させているのです。

サビの前の歌詞にあるように
マスタングの上でみんなと踊りながら歌った曲。
つまり当時のヒット曲です。
(上記の歌詞でマーカーがされている部分)

僕は、ブリトニースピアーズの曲しかわかりませんでしたが、
誰の何の曲の歌詞が使われているかを知りたい方は
他の和訳サイトで見ていただけたらと思います。

まぁ、そうゆう歌詞の作り方なので、
サビの歌詞の翻訳を深く掘り下げると、
逆にこんがらがってしまいます。


説明が長くなりましたが、

恋愛を重点的に感情的に聞くのも良し

彼女の、当時の時代背景となぞらえて
自分の過去を照らすのも良し


視点を変えて、2度味わえるこの曲は、
エドシーランも太鼓判を押すほど素敵に仕上がっています。



今年のヒット曲の候補になる事に期待ですね★


最後にもう一度聞きますが、
皆さんは2002年どんな思い出がありましたか?(*^o^*)
下にアンケートがあるので、
よかったらコメントしていってください♪


それでは長くなりましたが、
今回も見てくれてありがとうございました!



IMG_0223
Old Mustang & TeenageGirls




※お ま け※

僕が当時使っていた携帯電話

BlogPaint

当時は閉じていても時計や液晶で写真が見れる機能にあこがれていました

左から
ドコモの
D504i D505i D506i です。
2002年当時は左のピンクの504でしたね。
ちなみにDはメーカーを表します。
三菱です。※ 菱を意味するDiamondの頭文字から来ています。
僕は当時、着信音のPCM音源の質で携帯を選んでいて
結果、三菱しばりでいきました



ちなみに当時は
N F D P SO SH 
の6社の争いが熾烈でした。

皆さん、それぞれのメーカー覚えていますか?
左からNEC 富士通 三菱 パナソニック SONY シャープ です。

01AE8811-5E08-4EF7-AC87-DB858B42C5FA


当時はまだアンテナが付いていた時代でしたが、
2002年のD504i から
アンテナ内蔵という機能が搭載され
また一つ進化の一途を辿ったのです。

ちなみに504の時点ではSDカードのような
外部メモリーの概念はありませんでした。
505からスティックメモリーが搭載され
カメラ機能や動画撮影も可能となりました。

ああ、当時の記憶がよみがえりますな・・・
皆さんは何の携帯電話を使っていましたか?



※おまけのおまけ※

imagesYIZ13NMS

imagesTNLZBVUJ

無題

これらがいわゆる廃車のOld Mustangです。

画像は検索してお借りしました。
この音楽の時代背景の参考になれば嬉しいです

フロント広いですよね★






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

  早すぎるAvicii の死・・・
あまりにも衝撃的なニュースに世界中の人たちが悲しみに包まれています


【もし時間を戻せるならばこの曲のこの歌詞を届けたい】

※残念ながらこの曲にPVは存在しないようです


管理人zuzurelliはAviciiが好きで、彼の歌詞に関しては
かなり熱く、説明、語り、そして伝えました
だからこそ、一連のニュースに驚きと悲しみを隠しきれません。

今から紹介する曲は、実際にはAviciiには関連性が無く
まだ有名とはいえないシンガーソングライターの女性が歌ったものです。

しかも、最新の曲というわけでもありません。

そんな彼女の名は
【Lauren Aquilina】ローレン・アキリーナ と発音します。
彼女はイギリスのシンガーソングライターで、2011年から活動していますが、
2016年以降は活動を停止している模様です。

そんな彼女の先駆けの曲であるこの【King】という曲は、
僕がAviciiが生きているうちに伝えたかった想いが
この歌詞にリンクされていて、とても目頭が熱くなってしまいます。

優しい歌声にこめられているのは、
相手を鼓舞し、迷いの払拭を願った
すばらしい人生の応援歌なのです。


Aviciiは何かに悩んでいたのは間違い無く、
仕事の多忙さによる、人生への悩みと健康の問題もあったようで、
心身がぼろぼろだったというのは、後になってわかってきています。

皮肉なものです、彼はEDMやDJ界ではもはや神の領域の存在です。
ですが結果としてそんな音楽の才能が彼の寿命を短くしたといっても
過言ではありません。

結果自殺という、一番悲しい結末をたどってしまった彼ですが、
もし彼に相談できる相手、相談できる時間があれば
少なからず、最悪の道には進まなかったのではと思っています。

もし彼が人生のビジョンに悩んで、追いつめられて
この世を去ってしまったのでしたら、
せめてこの曲を生前に聞かせたかったという、
私自身の想いがこめられたこの曲のメッセージを、
この度は皆さんに共有しようと思い、紹介したいと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


You're alone, you're on your own, so what?
Have you gone blind?
Have you forgotten what you have and what is yours?
Glass half empty, glass half full
Well either way you won't be going thirsty
Count your blessings not your flaws


※サビ------------------------------
You've got it all
You lost your mind in the sound
There's so much more
You can reclaim your crown
You're in control
Rid of the monsters inside your head
Put all your faults to bed
You can be king again
---------------------------------------


You don't get what all this is about
You're too wrapped up in your self doubt
You've got that young blood, set it free

You've got it all
You lost your mind in the sound
There's so much more
You can reclaim your crown
You're in control
Rid of the monsters inside your head
Put all your faults to bed
You can be kingvv


There's method in my madness
There's no logic in your sadness
You don't gain a single thing from misery
Take it from me

You've got it all
You lost your mind in the sound
There's so much more
You can reclaim your crown
You're in control
Rid of the monsters inside your head
Put all your faults to bed
You can be king



※サビ くり返し

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
和訳】


君は孤独で誰も助けてはくれない、だからって何?
周りが見えなくなった?
君は忘れたの?自分が持っている能力、そして君が何なのか?
足りないとはいわずとも満たされない、半々のグラスの水
まあどちらにしても、君の喉が渇くことはないのだろう
君の欠点を数えるよりもさ、君の祝福を数えようよ



※サビ--------------------------------
君のいう通りさ
君は音によって自身の心念を失ったんだ
そのようなことはいろいろあるさ
でも君は冠を取り戻すことができる
君はコントロールするんだ
頭の中のモンスターを追い払い
弱点や欠点なんかベットに寝かせてさ
君は再び王になるんだ

-------------------------------------------


君はこれらについて何も知らない
君も自身の疑問に包まれている
とはいえ、君は若い血を持っている、故に自由だ

君のいう通りさ
君は音によって自身の心念を失ったんだ
そのようなことはいろいろあるさ
でも君は冠を取り戻すことができる
君はコントロールするんだ
頭の中のモンスターを追い払い
弱点や欠点なんかベットに寝かせてさ
君は王になるんだ


私の狂気には理由付けがあるけど
君の悲しみにはそれがないんだ
君は悲しみから一つとして得ることはしない
信じて 私を

君のいう通りさ
君は音によって自身の心念を失ったんだ
そのようなことはいろいろあるさ
でも君は冠を取り戻すことができる
君はコントロールするんだ
頭の中のモンスターを追い払い
弱点や欠点なんかベットに寝かせてさ
君は王になるんだ


※サビ くり返し


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・・・・いかがでしたでしょうか。
とりあえず一旦はAviciiとの関連性を忘れて、
この曲を作ったローレンの歌詞の本来のメッセージを
和訳してみました。


この曲はゆっくりで、単語が結構ひとつひとつ区切られて
発音し、歌われているため、
英語の勉強や発音練習にも役立つ曲だとも聞いて感じます。

さて、彼女はこの歌詞をどういう思いで作られたのでしょう。

まず、一度聞いて気づくことがあります。
それは、たくさんYouという単語が出てくる事です


実はこの曲には、人生に悩んだ男性がいることが前提として、
彼を歌詞上でYouとして作られています。


この歌詞上で主人公として存在しているYouは、
可もなく不可もなくといったような、
突出したような個性は無く、だからといって、
悪目立ちもしないような性格なんでしょう。


歌詞の冒頭の5行で、うまく遠まわしに
それを説明しています。

↓歌詞↓
君は孤独で誰も助けてはくれない、だからって何?
周りが見えなくなった?
君は忘れたの?自分が持っている能力、そして君が何なのか?
足りないとはいわずとも満たされない、半々のグラスの水
まあどちらにしても、君の喉が渇くことはないのだろう


面白いですよね
特に4行目と5行目の表現が、僕は大好きです。

英語表記は
Glass half empty, glass half full
直訳は
足りなくは無い半分の水
満たされない 半分の水


Glassとは、ガラスのコップに注がれた水という意味です。

これは、彼の能力を比喩表現として歌詞にされています。
つまりは可もなく不可もなく・・・・普通といったところ。
偏差値は50です。

そして5行目、のどが渇くことが無いというのは、
飽くなき欲求や、向上心が無いということです。

偏差値50の草食系男子?ですかね・・
今時の若い人にあてはまる方は多いのではないかと思います。

ですが、そんなYouにあたる男性は、
そんな自分に悩んでいるようです、どうもネガティブ思考のようです。


そんな彼に対し、悪いところは見ないで、
自分の良いところを探していって向上させればいいじゃん!
って感じで、鼓舞し応援しているのです。

サビはまさにそんな感じです。
そんなネガティブな彼に、
頑張れっ
て言っている歌詞なのです。


比喩表現が素敵です。
欠点や弱点はベッドに寝かせるという表現は、
ネガティブ要素にはおやすみしてもらうという意味合いがあって、
つまり、さよなら バイバイというような、決別の意味があります。

そして、曲のタイトルにもなっている
【King】
直訳は、王様です。

You can be king again

サビのラストの歌詞がとても素敵です。

君はふたたび王様になれる


こんな風に誰かに応援してもらえたら、
男性としてどんなに嬉しいことでしょう。


王様という言葉も実際は比喩表現です。


王様と介して、
人生の主人公
はたまたスーパーマン
強き男性


など、たくましさを願った意味合いをこめてKing
ひとくくりにして表現しています。

つまりは、素敵な男性になってね・・・・と。


この音楽は、要約すると、
落ち込んだ男性に対し、彼女か友達が
応援して励ましている曲なのです。


とくに男性側が傷つくような言い方をしない、
優しく包み込む音楽と言葉のかけ方が、
実に心地よいです。


男性ならこの気持ちはとてもよくわかると思います。

この曲の最大の注目するべきところは
つまりは男性を想う一途な女性像だったりします。



優しさというのは、どんな時にでも必要というわけではありませんが、
優しさを最後まで受けれないまま、知らないまま育った人というのは
第三者の目線から見れば、
とても悲惨で、通常ではありえないような境遇の生き方をしている
人がほとんどです。これは世界共通です。


********************

ここから、Aviciiの件にもどりますが、
自殺をするに至ったというのは、想像するだけで、
悲しく感じます。

といいますのも、自殺というのは簡単な意思では実行できないからです。
僕だって考えたこと無いわけではありません。

ですが、当然実行に移したことなど無く、今となってはどうして自殺なんて
考えた時期があったのだろうと思うほどになっています。

自殺するにあたるタイミングというのは、
いろんな、悲しい要素がすべて合わさるという、逆奇跡が起こらないと
発動されないと思います。

例えば、受験で成績が最下位になったとか、よくあるのがいじめですがね。
ですが、1方向のネガティブ要素で人は簡単に自らを終わりにはできないものです。
少なくともあと1方向からの圧力がないと

例えば、成績が最下位で家族にもネガティブなことを言われた。とか
いじめが原因で相談しても、逆に家族に怒られた。等々

つまりは逃げ場がなくなって、人生の居場所が無くなる一時の悪い要素の過渡期が
自殺につながります。

それにプラスして、病気の問題や、薬の性能もプラスされると、
いよいよ逆奇跡の完成です。

本来でしたら、この逆奇跡のタイミングに差し掛かる前に、
優しさを受け取ることができれば、何かのタイミングや
悪い要素が足りなければ、自らの首を絞めるなんて
自虐行為は無いものです。

いろんな悪い要素、タイミング、想い、体、薬

この重なりがAviciiを死に追いやったとしか考えられません。
もし彼が生きていて数年したら、
どうしてあの時自殺なんか考えたんだろうと思うはずです。

しかしながら、逆に言えばそれほどまでに彼は
心身ともに衰弱していたのでしょうね。

生前、一度彼は音楽を引退していましたが、あれこそが彼の本意だったのでしょうね。
復活した際は、世界中で歓喜したのですが、
そういった彼への期待が彼の死を早めてしまったと捉えてしまっても
仕方ありません。


家族の声明に、そっとしておいてほしいとありました。

私たちにできることは、彼の音楽を聞いて、
Aviciiってすごい人だったなぁ・・・と心にしまって
忘れないことだと思います。


奇しくも音楽というのは、忘れにくく心に残りやすいものです。
彼は間違いなくEDM界の【King】でした。

今回紹介した曲解とは、じつは必ずしも
Aviciiにあてはまっているとはいかないものの、

サビ中の
You lost your mind in the sound

だけは、Aviciiに対しての想いで和訳しました。
音によって、彼の心は失われてしまったのです。
彼にとって大好きな音楽によって・・・
皮肉なものですね ;;

ですが歌詞中の男性と違って
どちらかというと、向上心の塊だった彼ですから、
死しても尚、大好きな音楽を天国で
作り上げているような気がしてなりません。


頑張り屋さんですから Aviciiは ^^


そんな彼は天国でも再び【King】になれるでしょうね



~You can be king again!!~




BlogPaint

余談ですが、この曲は世界的に有名とまではいかないものの、
一部のジャンルではちょっと人気な曲となっています。
理由はわかりませんが、この曲のタイトル【King】よりも、
【You can be king again】という曲タイトルだと思っている人が多く
それで検索すると、結構MAD動画として挙がっていたりします。
気になる方は、それで検索して見てみても面白いですよ^^





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


《数年前の人生最大の辛さから、導き出した答えがこの曲に込められている、
衝撃の感動曲です》




2017年8月
いよいよ彼女がアルバムを出します。
世界中のファンが待っていました。この時を。

その中に入っている感動の1曲を紹介するのですが、
正直今の気持ちを、そのままブログに記載するのは、
ちょっと難しいです。

あまりにも気持ちがこみあげすぎて、
書きたい事がたくさんありすぎて、うまく伝えられる自信がありません。

今回紹介する曲【Praying】には、僕にとっての今年のベストに
なりうる可能性がある程に、聞いた瞬間に衝撃を受けた曲です。
ちなみに意味は【祈る事】です。

歌っている女性は【Kesha】ケシャと読みます。
ファンならこの名前を見て、びっくりするかもしれません。

今回は知らない人向けに紹介していきます。

彼女の本名の一部です。
今回新たに、この名前でアルバムを出しました。
つまりこの名前では1stアルバムになります。


こんな言い方をしたのには、理由があります。
なぜなら彼女は、以前から【Ke$ha】として音楽を出していました。

Sに縦棒が入った、アメリカを象徴するドル記号。
彼女はそんな名前を象徴するかのように、
アメリカ国旗の柄の服などを身にまとっていました。

どうして、この度 棒が無いだけですが、名前を変更するにあたったのか・・・

この理由が、この1曲に込められています。
あまりに深いため、心して聞いてください。

この曲、最初彼女の語りからはじまりますね。
まずはこの語りを翻訳します。
Praying にたどり着くまでの壮絶な気持ちが語られています。

◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆
【語り】

Am I dead?
Or this is one of those dreams?
Those horrible dreams
that seems like it last forever.

If I am alive,Why?
Why if there is a god a whatever,
something, somewhere?
Why have I been abandoned
by everyone and everything I've ever know.
I've ever loved.

Stranded....

What is the lesson?
What is the point?

God give me a sign or I have to give up.
I can't do this anymore.
Please just let me die.
Being alive hurts too much......
-------------------------------------------------------
【和訳】

私は死んだのだろうか?
それとも、これが夢なのだろうか?
あれらは永遠に続く
恐ろしい夢だ。

もし私が生きているのなら、それはなぜ?
神が、どこかにいるのなら なぜ?(私は不幸なの?)
以前から知っていた、愛していたものや、人たちに
なぜに私は見捨てられたのだろうか?

(人生に)行き詰まってしまった・・

教えとは何?
意味は何?

神よ、私をお導きください。
さもなければ、私は人生をあきらめます。
私には何もできない。
どうか死なせてください。
生きているのがとても苦しいのです・・・
◆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・◆

曲の前に来るものとしては、
少々長い、この語り・・・・


和訳を見て感じた人も多いと思います。
彼女は死を考える程まで、すごく苦しんでいたのです。


■どうしてこんな状況になってしまったのか?


それは、いまから10年以上前からに至っています。

音楽プロデューサー【Dr.Luke】ドクター・ルーク との出会い

ドクターとついていますが、医者ではありません。
この出会いが、ケシャを大きく変えました。

ルークは、彼女のデモテープの歌声に衝撃を受け、
当時学生だったケシャに、
学校を自主退学し、自分と一緒に住みながら音楽の力を磨いていこう
とアドバイスをし、なんと本当に彼女は自主退学をして、
ルークについていきました。これが2005年。
彼女にとっては、歌手になれるチャンスですから、ルークを信じたのでしょう。

そして、正式な音楽の契約をしてルークの元へ行った矢先に
薬やたばこを与えて、性的な行為も強要させられたとのことです。

そして、心に傷を負った彼女は、
当然彼とは距離を置いて、違う会社とも契約して、心新たにがんばりました。
ですが、この時点では、まだ彼女の歌声は有名にはなっていません。

【時間が経てば、過去の問題も風化する】

3年後にあたる、2008年にケシャとルークは和解します。
音楽人生はマイナスからのスタートでしたが、
この和解によって、気持ちが解放されたのか
2009年、2010年は、はじけた音楽を次々と発表し、
2010年には、世界一ケシャの曲が売れたのです。

一気に歌手人生の頂点に君臨したのです。
ですから、ケシャは1度は本当に日本でも有名でした。

ただケシャは、風貌がちょっとはじけすぎていて、
音楽も例外なくはじけていました。
そのため、ケシャの人気は、日本では賛否両論あったと思います。


その後も、耳に残る音楽を出していきました。
Die YoungCannibalの曲は今でも僕は好きで、よく聞いています。

歌う人生自体は順調でした。
ですが、他のところでケシャの精神をまた傾かせていきました。
複数の裁判が、彼女の人生を大きく変えていくのです。


時には摂食障害にまで陥り、入院した程にです。
原因は、またもルークにあったようです。
実は、ルークは和解後もセクハラや暴行を繰り返していたらしいのです。

ですが、ここでなんとか退院復帰した際に精神も復活したのですが、

今度はルークがその事実に反発し逆訴訟したのです。、
その裁判がこの曲ができるトリガーになっています。


そして、その後ケシャも裁判を複数起こし、
いろいろあり、ソニーをも訴えました。


裁判の内容を説明すると、あまりにもこのページが長くなってしまうので
省略します。

重要な点は 裁判の間、
音楽を当面リリースできなくなった事と
それらの裁判で敗訴したことでした。


世間は彼女に同情していますが、
公式に敗訴したことで、世間に公に出ることに抵抗を感じ始め、
その後も、ルークから嫌がらせがあったとの事。


これらがケシャにとどめを刺しました。


その死にたくなるような思いが、
上記の曲冒頭で語られています。


すみません。結局長くなりましたが、
たくさんの問題を抱えた結果、自らが壊れてしまった・・・


その結果彼女はどうなったか・・?

語りの続きの歌に、このすべてが込められています。
あまりにも衝撃的で、感動という表現を超える何かで、
僕の気持ちはとても張り裂けそうになりました。

そんな彼女の絶唱を、是非皆さんには知っていただきたいです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Well, you almost had me fooled
Told me that I was nothing without you
Oh, and after everything you've done
I can thank you for how strong I have become

'Cause you brought the flames
And you put me through hell
I had to learn how to fight for myself
And we both know all the truth I could tell
I'll just say this as I wish you farewell

※サビ--------------------------------------------------
I hope you're somewhere praying, praying
I hope your soul is changing, changing
I hope you find your peace
Falling on your knees, praying
-----------------------------------------------------------


I'm proud of who I am
No more monsters, I can breathe again
And you said that I was done
Well, you were wrong and now the best is yet to come

'Cause I can make it on my own
And I don't need you, I found a strength I've never known
I'll bring thunder, I'll bring rain
When I'm finished, they won't even know your name

You brought the flames and you put me through hell
I had to learn how to fight for myself
And we both know all the truth I could tell
I'll just say this as I wish you farewell


※サビ くり返し


Oh, sometimes, I pray for you at night
Oh, someday, maybe you'll see the light
Oh, some say, in life you gonna get what you give
But some things, only God can forgive

(Ahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh)

I hope you're somewhere praying, praying
I hope your soul is changing, changing
I hope you find your peace
Falling on your knees, praying

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】


まぁ、あなたは私をたくさん騙したのよ
あなたがいなければどうすることもできないと
私に言い放ったわ
ああ、それでも完全にあなたとは終わったわ
私があなたに感謝できるんだとすれば
それは自分が強くなれたから

あなたはその炎によって私を地獄へ押し込んだから
私は自分のために戦い方を学ばなければならなかったわ
そして、私が真実をだったことを、私たちは知ることとなるの
私が望んだ別れを、自分の口からしっかりとあなたに言うの


※サビ------------------------------------------------
私は願うの、あなたがどこかで祈っている事を 
祈っている事を・・・・
私は願うの、あなたの心の魂が変っている事を
変わっている事を・・・・
私は願うの、あなたにとっての安らぎが見つかるようにと
膝をつきながら、切に祈っている事を・・・

---------------------------------------------------------


私が私であることを誇りに思う
もはや鬼畜な奴らはいない、私は復活したの
あなたは言ったわ、私は人生が終わってると
まぁ結局それはあなたが間違ってたわ
今が、そしてこれからも最高の時がやってくるの

自分自身で作り上げることができるから
あなたは必要ないの、私は強さを見つけ出したわ、未知の強さを
あの時は捨てられたし、燃え尽きたわ
でも終わった(解決した)ら、あなたの名前も記憶からなくなる

あなたはその炎によって私を地獄へ押し込んだの
私は自分のために戦い方を学ばなければならなかったわ
そして、私が真実をだったことを、私たちは知ることとなるの
私が望んだ別れを、自分の口からしっかりとあなたに言うの


※サビ くり返し


たまにだけど、夜に私はあなたのためにも祈っているの
いつかあなたにも、導きの光が見えるようにって
人生とは、良いことを与えることで
それに見合う見返りがいつかやってくると言われているが
でもそれらは少なくとも神だけは許してくれる

(Ahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh)


私は願うの、あなたがどこかで祈っている事を 
祈っている事を・・・・
私は願うの、あなたの心の魂が変っている事を
変わっている事を・・・・
私は願うの、あなたにとっての安らぎが見つかるようにと
膝をつきながら、切に祈っている事を・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか。

僕はこの歌を見た瞬間に、衝撃を受けてしまいました。
なぜなら、本来Keshaはこのような雰囲気の曲を作らないから。

すでに語りは紹介しましたが、あの時点で既にこの曲に対して
彼女にとっては特別な一曲なのだろうと察していましたが、
語り後のピアノソングで僕は確信しました。


この曲は以前のKeshaとは一線を画す音楽なのだと。

以前の、ダンスミュージックのような明るく
ノリノリなエレキポップとは違う、今回のピアノの旋律・・・
以前の彼女なら絶対にチョイスしない音楽スタイルでした。
そういう意味で、彼女の中で明らかな心の変化
あったことが聞いて感じ取れます。


そんなピアノソングも明らかに悲しみが漂っています。
語りの延長上の意味合いがあるのでしょうか。

ルークとのトラブルに衝突してから、いろいろな葛藤があったのでしょう。
それは私たちの想像を絶するものがあったのだと思います。
歌手人生を、一度は投げ出そうとも思ったけれど
そういう点でも自身で今一度見つめなおす時間が必要だったらしく、
2014年からは、ほとんど曲をださず、テレビなどにも公への露出は
少なかったのも、そんな意味合いが見て取れます。

いわばこの曲は、
その空白の時間の
【答え】なのです。
Keshaのファンは本当に待ち焦がれていた曲なのです。

ですがその【答え】があまりにも衝撃的でした。


この曲の歌詞には【you】という単語がよく出ていて、
このyouがさすものは、やはりメインは【Dr.ルーク】なのでしょう。
これは、Keshaの事を知っている人なら容易にわかる歌詞づくりになっています。

なので、これは俗にゆう【リベンジソング】なのかな?と思ったんですよ。
海外では、特定の人物に対する仕返しのメッセージという意味合いで
曲ができたりもします。もちろん日本でもあるのでしょうが。
公には人物名を公表せずとも、海外では内容が結構大胆で
人物特定がわかりやすい表現をしています。
ですがこれはリベンジソングではありません。

この度のKeshaの歌のルークへのメッセージ。
その答えは【祈る事】でした。

Keshaは、この空白の約2年間で、
ルークから受けた虐待や性的な嫌がらせへ対する恨みを
【自身が弱かったから】と受け入れました。


そして受け入れたうえで、強くなろうと必死に人生を見つめなおして
その最終形が【祈る】という形になったのだと思います。



いわばこれは無償の慈悲に近い表現でした。

恨みや憎しみがあったでしょうに、それを乗り越えて
復讐という形をとるどころか、ルークにも幸せが訪れるように
祈っているのです。


本当に圧倒されました。

これは逆に言えば、それほどにKeshaは深く悩んでいたかがわかります。
本当に本当につらかったんでしょう。
それは、仕返しをしても自分の幸せにつながらないと悟るかのように。

PVの最初の漂流の形は、人生が終わった自分を表しています。
モノクロの表現で、目は瞳孔が開いていて、今にも死を感じさせる表現。

悩み苦しみの表現が、PVで可視化されています。
ここで映っているKeshaは一度たりとも笑顔がなかったです。
それは悲しみを表現しています。
ですが、悲しみともうひとつの感情があります。
それは【決意】です。この曲の後半は決意の表情だったとおもいます。

このPVには最初にKesha以外に2人の動物みたいな鬼畜顔がでてきます。

まぁこれこそ、おそらく渦中の人物なのでしょうけど。
とりあえず、2人とされている時点で、トラブルは複数あって
それが原因でKeshaは死を考えた事を最初の棺桶で表現しています。

この曲のタイトルは【Praying】です。
当然祈る表現がでてきます。
ですが、前半と後半で祈りの対象が変わっていきます。

初めは、トラブルや災いが降りかからないように
自分に向けて祈っていました。

それは自分が弱かったからと、歌詞中に表現されています。
そしてもがいた末に自身の強さを手に入れたんだと。

そしてこの曲の完成形が
私を陥れた人たちへの幸せをも願う祈り
なのです。

本当に胸が締め付けられる思いになります。

元来聖書にはこのような行いが思想の理想として掲げられていますが
一体何人が、このような行為を信じきり、遂行することができるのでしょうか。

だってKeshaのような思想が世界中の人たちにあれば、
世界に戦争が消えるからです。

人から受けた悲しみは恨みは、復讐でしか返せない。

どれだけ神の教えを守っていても、
現時点で争いが絶えないのは、やはり感情的になってしまうからです。

Keshaは、それを精神の強さによって昇華し、
さらに、相手へも祈る。
自分が一番被害者で悲しいはずなのに、
原因は弱い私と線を引き、耐え忍んだ挙句に
加害者までも善くなるよう祈るのです。
決して誰もができることではないと思います。

PVにでてくる、カラフルな鳥はKeshaの心を表現しているのでしょうか。
もともとの思想概念はカラフルなイメージがある彼女でして、
いわば、彼女の本来の色が後半に出ています。

強くなったことで、結果私を遮る魔物はいなくなった。
そして生き返ったんだと。

最後のサビの、すごく高い産声にも感じる
彼女の叫びを今一度聞いてみてください。

歌詞に記載されている
(Ahhhhhhhhhhhhhhhhhhhhh)の部分です。


これらの意味を理解した後に、
この叫びを聞いてしまったら、
Keshaファンは、だれでも歓喜し、感動すら覚えてしまうでしょう。

それほどまでに、衝撃的な歌がこの一曲に込められています。
まさしく絶唱と表現するにふさわしい一曲でしょう

PVの最後、モノクロがカラーに変わり、
立ち上がって、光に向かって歩いていくラスト。
そして

The begining

の文字。これは【始まり】と訳します。
これから、本当の私が始まるというラストなのです。

だからこの曲は祈る表現を介して、
終わり始まりを告げる歌なのです。

今までのKe$haから
本名であるKeshaに変えて、心機一転した彼女を、
これから見ることができるというメッセージを、
リスナーにもしっかりと伝えています。


いかがでしたでしょうか?
僕は、当分はこの曲でおなか一杯になるほどに
こころが満たされてしまいます。

みなさんにも彼女の絶唱が伝われば、うれしいです。

image
彼女らしさのレインボーを全面的に出してみました
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ