日はディズニーの音楽です

映画、ライオンキング2の、とあるワンシーン。
父親のシンバと子供のキアラが、会話をしながら将来について歌うという、
親子で話すには、なかなか深い内容の話題です。

これもライオンであるが故の運命なのでしょうかね。
百獣の王は動物界すべてにおいての君臨する王ですから、
キアラも将来、王様(女の子だから女王)になる為に、
いまのうちに、しっかりと学ばないといけない、遊びも大好きだけど・・

そんな葛藤を、お父さんが歌にしてキアラに優しく教えてあげています。

さて、曲名We Are One は【私たちは1つ】という意味です。
一心同体、常に一緒だよということです。

壮大な世界観と、サバンナらしい音楽が融合して、
とっても素敵な曲ですよ!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

シンバ 
As you go through life you'll see
There is so much that we
Don't understand

And the only thing we know
Is things don't always go
The way we planned

But you'll see every day
That we'll never turn away
When it seems all your dreams come undone
We will stand by your side
Filled with hope and filled with pride
We are more than we are
We are one

キアラ
If there's so much I must be
Can I still just be me
The way I am?
Can I trust in my own heart
Or am I just one part
Of some big plan?

シンバ
Even those who are gone
Are with us as we go on
Your journey has only begun
Tears of pain, tears of joy
One thing nothing can destroy
Is our pride, deep inside
We are one

We are one, you and I
We are like the earth and sky
One family under the sun
All the wisdom to lead
All the courage that you need
You will find when you see
We are one

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】

シンバ
キアラも生きていくうちに分かるだろう
世の中には分からないことがいっぱいあるんだ

私たちが唯一知っているのは
物事はいつも思い通りにいかないという事さ

だけどね、おまえも分かるだろう
決して逃げるわけにはいかない
たとえ全ての夢が叶わないかもだろうとも
お父さん達がそばにいるよ
満ちた希望と誇りを持って
私たちは、私たちは
私たちは一緒だよ

キアラ
もし私に大きな使命があるとき
私は私らしくできるかな?
私のやり方で
私は自分の心を信じることができるのかな?
私も壮大な使命の1人に過ぎないのに。

シンバ
キアラの旅はまだ始ったばかりだ
苦しみの涙
喜びの涙
誰にも壊せない唯一のものはね、
私たちの誇り、心の奥深くに
私たちは一緒だよ

私たちは一緒って意味はね
キアラとお父さん
地球と空のように
太陽の下は、すべてが1つの家族
すべてを導く事の賢明さ
必要な勇気
おまえもいつかきっと分かるよ
私たちはひとつだから

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?

この歌は、英語の発音がしっかりしているので、
結構聞きやすかったと思います。

ライオンたる者、決して振り向いてはだめだ!
自分の道を信じて、頑張っておくれ!
大丈夫、私たちがいつも見守っているよ!

歌詞を要約するとこんなメッセージを子供に伝えています。

ライオンキング2では、ケンカしていて分裂したライオンの群れが、
最終的には1つになって、ハッピーエンドになるというお話。

どんなに色が違っても、顔つきが違ってもライオンはライオン。
いがみ合うなんてせずに、仲よくしていこうってことです。

なんだか、人間の私たちには、いろいろ耳が痛くなる話ですよね。
それが理想だとは理解しつつも、
地球に住んでいる私たちはいまひとつ1つになれませんね。

人種に対する差別は今なお続いています・・・汗


ちょっと話は変わりますが、みなさんティッピという女の子を知っているでしょうか?
動物と会話ができ、自然体で接することができる女の子です。
僕が学生の時にティッピは少女でしたので、今はもう大人になっているはずですが、
ティッピはライオンなどにも、防具や武器といったものを一切身に着けずに、
遊んだり、寝たりできるのです。

本当にすごいことだと思います。彼女の事を詳しく知りたい方は、
一番下に本を紹介するので是非ご覧になってください。

人間同士の、ライオン同士の1つは、なんとなく理屈でわかりますが、
動物と人間の1つ(共存)は、理想と知りつつも、越えられない壁です。

僕が知っている限りでは、ティッピただ一人でしたね。その壁をぶっ壊したのは。
これが本当の意味での1つですよね★ We Are One!

ぼくはティッピの信念に見習って、いつもノラ猫と仲良くなろうとWe Are Oneしますが、
必ずボロくそに負けて終わります。
ティッピが心底うらやましいのです 涙

本日も、最後まで読んでくれた方ありがとうございました(*^^*)

65e42f3d.png



キアラを擬人化してみました。
今日はきっと間違いなく擬人化です!





にほんブログ村



ママの生活必需品|ハピタス
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック