【Lyric Art】リリックアート 洋楽の歌詞・和訳解説 (*´∀`*) フリートーク有り

※2018・5.21※ 【ブログ名変更しました】
 [過去ブログ名] zuzurelliの洋楽歌詞の和訳と擬人化のブログ
ここでは、主に洋楽の紹介や、歌詞の翻訳を行っています。
また、個人的に大好きなCimorelliというグループを紹介しています。
あと、洋楽の紹介と同時に、直感的にイメージが沸いた絵を掲載しています。   
その日の気分により、絵の画風が変わりますが、 ぬるい目で見守っていただけたらと思います・・

Tag:イギリス

   

《この歌が全世界における今日を創り上げていることに気づく人は何人いるでしょうか》



 メリカは世界一の大国
これは世界が認めざるを得ない事実です。

何のジャンルにおいてか?
といわれると、はっきりとは答えられませんが、
抽象的に考えて、安く見積もっても
やはりアメリカが世界一の大国でしょう。


遠い未来に、この定説が覆る可能性はありますが、
ここ数年は揺るぎないと思います。


さて、この世界
どの国にも国歌というものは存在します。

その中で、一番世界中から認知されている国歌は
やはりアメリカなのではないでしょうか


私も、おそらく皆さんもアメリカのこの音楽だけは、
パっと思い浮かべることができるかと思います。
同じ大国、中国ロシアカナダドイツイギリスフランスなどは思い浮かべることはできますか?
たぶん少ないのではないでしょうか。

もちろん、それはアメリカ独自の文化における理由もあるのですが、
曲のメロディー、曲調も手伝っていると思います。


そんな国歌のタイトルは【The Star-Spangled Bannar】
意味は【星条旗】です。
星条旗とは、アメリカの国旗を意味します。

つまり、アメリカの歌といっているようなものです。

国旗には当然歴史がつきものです。


**************************

ブログのタイトルでも記載しましたが、
2018/5月 NFL (ナショナル・フットボール・リーグ)において
国歌斉唱が義務付けられました。


このリーグは、アメリカのアメフトにおける最も最上位のリーグです。
日本で言ったら、プロ野球におけるセ・リーグ パ・リーグ
サッカーにおける JリーグのJ1の試合です。

そもそもアメフトという意味は、アメリカンフットボールの略語ですから、
アメリカでは絶大な人気のスポーツであり、影響もあります。

今日、日本でもアメフトが注目されています。
ただし、こちらでの注目はかなり意味合いと観点が違いますが。

それに関しては、あとで自分なりの意見を記載します。

さて、NFLで選手が国歌斉唱の際に起立したくない場合は、
国歌斉唱が終わるまでロッカールームに留まらなくてはいけない
という方針が決定されました。
最悪罰金刑もあるということです。


こんな風な決定に至ったのは、もちろん理由があるのですが、
とりあえずは、これで一件落着とは行かない模様です。
まぁそれについても後でちょこっと意見を記載します。
**************************

この歌が今日の世界を創り上げている
という思い切ったサブタイトルを掲げましたが、
案外嘘でもない理由を僕なりの観点で説明していきたいと思います。

動画は、曲名The Star Spangled Bannerで
世界で視聴されているのを抜粋しました。

歌手は、この人こそ知らない人はいないというレベルの方
【ホイットニー・ヒューストン】です。
現在は亡くなられてしまいましたが、
I Will Always Love you はあまりにも有名です。

それではお聞きくださいませ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Oh, say can you see by the dawn’s early light

What so proudly we hailed at the twilight’s last gleaming?

Whose broad stripes and bright stars thru the perilous fight,

O’er the ramparts we watched were so gallantly streaming?

And the rocket’s red glare, the bombs bursting in air,

Gave proof through the night that our flag was still there.

Oh, say does that star-spangled banner yet wave

O’er the land of the free and the home of the brave?


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::●:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

和訳】 (YouTube上の歌詞を抜粋)

さぁ、君には見えるか?
夜明けの光で
黄昏の最後の光に向かって
何に我々が誇らしげに叫んでいるのか
危険な戦いの間
その太い縞模様と輝く星が
城壁の上で堂々とはためいているのを見た
敵のロケットの赤い光を浴び
空中で砲弾が炸裂する中
我々が一晩中戦い続けた証だ
おお、そうだ
星条旗は一層たなびいている
自由の地 勇者の地の頭上に


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?
本当は最初自分なりに作った和訳を記載したかったのですが、
YouTube上の和訳と僕のが、かなり乖離していたというのと、
和訳がかっこいいという理由により、
僕のは却下して、そのまま使わせていただきました。

ご了承ください。

さて歌詞を見ていくと、なんだか戦いやら敵の砲弾やらの
記載があり、第二次世界大戦で敵対していた
私達日本の意味合いがあるのかと

ドキっとしてしまいますが、
安心してください。

この歌詞ができたきっかけは日本ではありません。

この歌詞でいう敵は イギリスなのです。
詳しい歴史は、【米英戦争】で調べるとわかりますが、
そこで戦い勝ち取った史実が、詩となり歌詞となって
今日アメリカで歌われています。

つまりは勝利の歌なのです。

ちなみに、詩自体は1800年代に作られ
国歌として正式に制定されたのは
1930年代とされています。

多くの国は、戦争や戦いに関する歌詞が多いのですが、
人々を鼓舞する意味合いで
現在は、オリンピックなどでは
優勝した人の国の国歌が流れたり、
団体競技などでは、試合前に流れたりします。

誇りを懸けて戦うわけですから、
こうゆう流れになったのは至極当然だと思います。

ですがそれは、多国間の戦いの意味ではです。


本来、自国間の試合では、国歌はほとんど使われません。
日本では、例えば高校や大学同士の戦いでは、
例えば甲子園などでは校歌は流れるし、
プロ野球やJリーグでは、それぞれのチームの歌があります。

ですが、アメリカだけは、小さな規模の大会でも
それこそ大きなリーグ戦でも国歌は歌います。


これはアメリカ独特のきっかけによって生まれ、
培ってきた文化なのです。


多国民族で出来た国ですので、
自由を掲げる国あれど
忠誠心はなくすことなかれ


この意味合いがこの国に住む上での
まずはじめに覚えておきたい点です。

そのベースとして国歌、そして国旗があります。
ですから、日本でも君が代を歌う機会は
結構ありますが、それ以上にアメリカでは
自国の国歌を歌います。

そして国旗を目の当たりにします。

結構どの国でも、問題提起されるテーマに
『国歌を強制するのはいかがなものか?』
というものがあります。

日本も例外なくそのテーマがありますが、
単一民族なのが幸いしていることもあり、
この争いには穏やかな方ではあります。
全く無いわけではないですけどね。


ですが、いろんな民族、国、人種が混ざっている
アメリカで、言うほど国歌に対しての争いがないのは

奇跡です。
それは、培ってきた文化とマナー、
そして何よりも感動を呼ぶ曲調
にあるのではないかと思います。


まず、試合前の国歌斉唱の際
みんな起立します。

そして、可能な限り胸に手を当て
国旗、または歌い手に敬意を払い
顔を向け、歌います。

歌詞を知らなければ、
口パクや、最悪歌わなくても
顔はしっかりと向くべき方向を向く。



これが、アメリカ国歌における、
暗黙の了解にも似たマナーなのです。


そしてアメリカ国家独特の流れとして、
歌が終わる前に、すでに歓声があがる事です。

歌詞でいうと、ラスト2行の部分

Oh, say does that star-spangled banner yet wave
O’er the land of the free
and the home of the brave?

マーカー入れた部分あたりから歓声が
最高潮になります。歌ったあとももちろん盛り上がりますがね。


これは他の国には無い現象です。
日本でもありえません。

これは曲調が盛り上がりを呼んだのだと思います。
作曲者に感謝という所でしょう。



そしてそれにより、生まれたものは
【団結や誇り】です。

感動すら覚えてしまうほどです。
試合前と限らず、色んな場面でそれらを感じるのだとすれば、

アメリカという国の成功の礎に
この国歌
【The Star Spangled Banner】があると思うのです。



やがては、大国として揺るぎないもととして、
多くの国の影響先にアメリカがあります。

『アメリカン・ドリーム』という言葉があるように、
一昔前は、成功の象徴として、目標として
アメリカが一つのモデルでした。


いろいろ考えると、
国歌というものの存在が今日の世界を創った
としても過言ではありません。


国歌を、歌単体として考えた場合、
この国程成功している歌は無いと思います。

それが認知度でも表れているのではないでしょうか。


そんな中、去年大きく問題になった、そのアメリカでの
国歌 不起立 不斉唱問題。


そもそもきっかけは、もっと別なところから始まったのですが、
アメフト競技の国歌斉唱で波紋を呼び、事が大きくなり。


結果として、アメフト競技の国歌斉唱に義務化という
縛りが課せられました。


なんだか最近日本のアメフトでも問題がおき、
思わぬ方向へ事が広がってきていますよね。


この点は、ゆっくりと更新記載していきたいと思います。
日米のアメフト業界は中身に違いあれど、
他の国にも影響を及ぼしています。

絵の下の方に、更新していきます。




image



※2018/05/27更新時点
現時点での海外目線で見る日本とアメフト

日本大学という名前が、海外にとって
日本のすべての大学というとらわれ方をされて、
いまのいざこざが、そのまま日本の汚点につながっている点
です。

日本人でさえ、日体大と日大で勘違い現象が起きるくらいです。
海外の方が、正確にピンポイントで日大の不祥事を
日本大学だけと把握できるはずも無いかと思います。

この問題、言った言わないの問題で
日大に対しての不信感がピークに差し掛かっていて、
海外の視点からすると、
日本の大学、日本人、そして日本はヤバイとまで
考える人もいるのです。

大げさな気もするかもですが、現実に僕は友達から
質問されています。
『日本の大学のトップは嘘つきなのですか?』

一部の大学だけですよーーーー!と言い返していますが、
そこで理解してもらわない限り、
先入観の日本の見方が変わるのではないかと危惧しています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


《自分を見失いかけている人には是非聞いてほしい音楽です》


当にお久しぶりです。
最後にブログを更新したのが6月の後半なんで、
およそ2カ月ぶりとなります。

最近は、仕事が忙しかったのと、その仕事が終わって引っ越しをしたりと、
いろいろあったので・・・・・

ですが、またこれから頻繁に更新していくので、どうぞよろしくおねがいします(*^▽^*)


今年の8月は、ブラジルのリオで盛大なオリンピックがありましたね
最初は治安や環境の問題もあって、日本ではこのオリンピックが成功するのか
とても不安という声が大多数でした。

そんな下馬評をまさに180℃覆したのが今回のリオ!
まぁ、実際治安や、環境が悪かったことに変わりなかったのですが、
それをものともしない日本人の活躍が目立ちました

結果的に日本では、過去のオリンピック記録を超すメダル数でした!

手に汗握るプレイが随所にあり、
僕自身、夜中にテレビに釘付けになっていました。

他の国はどう思ったかはわかりませんが、
少なくとも日本は、当初の下馬評を覆したような盛り上がりを見せたと思います。



競技の結果はもちろんですが、4年後に開かれる東京でのオリンピックへバトンタッチする、
リオでの閉会式のパフォーマンスが、特に良かったですよね。

未来感あふれ、文字通り、観るものを魅了した日本のパフォーマンスでした。

これにより、世界中が4年後に期待していることでしょう。

僕自身、2013年の9月に、東京オリンピックが2020年に開催されることが決まった時、
『これによりグローバル化が早まる』

と予想し、英語を覚えようと決意したキッカケができ、そして現在のブログ制作に至っています。

そういう意味では、僕にとって予想通りの展開が訪れているようで、ちょっと嬉しくもあります。



・・・とはいえ、4年後はまだまだ先ですので、まだわかりませんよね。

ということで、今回ブログに載せるこの曲は、オリンピックとは関係ありませんが、
全く関係なくもありません。

今回は4年前のロンドンオリンピックをあえて関連付けて音楽を紹介したいと思います。


ロンドンオリンピックは4年前ですから、2012年ですね。
この時は、まだ東京で2020年に開催されることは決まってなかった時です。



そんな2012年のロンドンオリンピックの閉会式に歌手として
登場したのが、今回紹介する音楽の女性です。

もちろん、この閉会式には、たくさんのイギリス人の歌手が登場しました。
有名すぎる歌手ゆえ、全員の名前はここでは出しませんが、
いわゆるイギリスの閉会パフォーマンスのラストを飾ったのが、
この女性 Jessie J なのです。


もっと詳しく言えば、イギリスの閉会パフォーマンスのラストは、
次開催国ブラジルのパフォーマンスへのバトンタッチを意味します。

そこの重要なポストに彼女の歌声が抜擢されました。
その時は、超有名なクイーンと一緒にクイーンの曲
【We Will Rock You】を歌って締めたわけですが、
せっかくなので、こちらの動画もお見せしますね。




動画をみて思い出した人も多いかと思います。
でも知らない人も多いかと思います。


それがJessie J 

このシンガーは、2010年ごろから徐々に世界中に知られていきました。
その実績から、オリンピックでの歌手として抜擢されたのだと思います。

そして今回紹介する曲は【Who You Are】です。

この曲も2011年に出した曲で、世界中で知られるきっかけの曲となりました。

このタイトルを和訳すれば【あなたは誰?】ですよね。


さて、ではどういった意味が込められた曲なのでしょうか?
早速紹介したいと思います。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


I stare at my reflection in the mirror:
"Why am I doing this to myself?"
Losing my mind on a tiny error,
I nearly left the real me on the shelf.
No, no, no, no, no...


※サビ---------------------------------------------------------
 Don't lose who you are in the blur of the stars!
Seeing is deceiving, dreaming is believing,
It's okay not to be okay.
Sometimes it's hard to follow your heart.
Tears don't mean you're losing, everybody's bruising,
-------------------------------------------------------------------

Just be true to who you are!
who you are ×11回



Brushing my hair—do I look perfect?
I forgot what to do to fit the mould, yeah!
The more I try the less it's working, yeah
'Cause everything inside me screams
No, no, no, no, no... 


※サビ くり返し

There's nothing wrong with who you are!


Yes, no, egos, fake shows, like whoa!
Just go and leave me alone!
Real talk, real life, good love, goodnight,
With a smile that's my home!
That's my home, no...

No, no, no, no, no...


※サビ くり返し

Just be true to who you are!

Yeah yeah yeah

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】


私は鏡の中の自分をジッと見る

なぜこんな風になっているのだろうか?
小さな思い違いによってくじけている
本当の私は海にポツンとある岩礁に
ほとんど持っていかれている
嫌 嫌 そんなの嫌よ!



※サビ----------------------------------------
ぼやけた星の中でこそ、自分を失うな

見えているものこそ惑わしの根元
自分の本来の夢こそ信じるもの
それで良いの
見た目が全てでは無い。

自分の信念について行くのが
大変な時だってある
涙が負けを意味する訳ではない
誰だって辛い思いはしている
-------------------------------------------------

自分に正直になるのよ
あなたは誰?×11回



私は今完璧かな?髪をとかしながらに
私は自分に合った格好を忘れてしまった
たくさん頑張ってところで、同じくらい失ってしまう。
だって心の内側では、常に私はさけんでいるのだから・・
嫌、いや・・・


※サビ くり返し


あなたが誰であろうと心配することはないよね


エゴや偽りのショーなんか  ワーーーだ!
どこかへ行って!そしてほっといてよ!
ホントの会話をして、ホントの生活をして
素敵な愛を感じながら、良い感じに寝るの。
そんな生き方を笑顔で過ごすの
自分の家で・・

イヤーーーーーーー


※サビ くり返し

自分に正直になるのよ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?
この曲は、和訳が全てを説明しています。


誰もが立ちはだかる壁にぶつかった時に思いをはせる心情こそが
この歌です。


冒頭でオリンピックを関連付けて曲を紹介しましたが、
スポーツ選手こそ、このような壁を日々体験しているような気がします。

たくさんの壁にぶつかるたびに、日々悩んでいるのかと思うと、
栄光の影にある努力というものの重さに、ぞっとする思いです。


当然スポーツに限った事ではありません。
人生にはたくさんの障害がつきものです。

生まれてから死ぬまで、笑ったまま生きていけるはずがありませんよね。


歌詞にある
【たくさん頑張ったところで、同じくらい失ってしまう】

これは、頑張っても頑張ってもうまくいかなくて、
結果的に、余計に傷が広がってしまう 


と解釈してください。

一言で言うなら【空回り】ですよね・・


自分がどんなに頑張っていても、それが伝わらない、
結果として成果が得られなければ、
それは失敗に終わります。

そんな自暴自棄な、世界の終わり的な心境をしっかりとPVに表現していますね。


こんな心境は誰だってあるものです。

そして、その点こそが、この心境の救いの道だったります。



そうです。こうゆうことは誰にでもよくあることなのです。

だから、

深く落ち込まないで。
あなたの生き方の本文を見失わないで。 


と表現しているのです。


よく壁に当たって、気持ちの底に達すると、命をも断つ人が
少なからずいます。そうでなくともひきずったあげく、
自分の性格、人生をボロボロにしてしまう人が結構います。

それこそが最悪なパターン。

そうならないためにも、一度立ち止まって深呼吸して
鏡を見てみましょう。
あなた自身が映りますよね?

あなたはあなたにしかなれなく、ほかの人にはなれません。
同様に他の人が、あなたになることも出来ないのです。


何かと比べて、それが劣っていたから落ち込むなんて
最初は仕方ないにしろ、ずっと引きずるのは滑稽です。


自分の生き方は自分にしか実行できません。
ですから、ありのままの生き方を堂々と過ごせばよいのです。

悩みがなくなったら、人は天気になぞらえて【晴れる】と表現しますね。
このPVは、誰が見ても【大雨】です。【嵐】です。



そして、万人がこの境地を体験していることに気づくことができれば、
悩みを持っている、あなたもきっとこの歌の意味がわかってくると思います。


心に揺るぎない太陽を持てるといいですね(*'ω'*)

それでは今回も見てくれた方ありがとうございます。

image

悩みを持っているブルーな気持ちで鏡を見る子を描いてみました





にほんブログ村









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



るところまで来ましたよ!!



本日もやってくれました!


準決勝の相手は、前回大会では敗北を喫したイングランド

前回優勝したとはいえ、ここで負けたらもう優勝の望みは絶たれるのが、
決勝トーナメント


結果は・・・

2-1

日本の勝利!!!!


決勝進出ですよー★★


なでしこのみなさん、前回に引き続き今回もやってくれました!

最初は、得点力不足もささやかれていて、

結構期待薄な感じだったのに、

なんだかんだで、今年は負け無しでここまで来ています。

実は前回大会よりも、調子良くない??


いやぁ、さすがとしか言いようがありません(*^_^*)

・・まぁ正直にいうと、ちょっとイングランドがかわいそうな結末でしたね。

でも、これも勝負の世界、川澄の闘争心と絶妙なパスが、
それだけ相手にプレッシャーを与えたからこその、
クリアミスで生じた事だと思います。

日本は運が良かった、イングランドは悪かったとありますが、
運だけではなかったと確信しています。


ロスタイムで、最後まであきらめずに攻撃したからこその1点です。



さて、いよいよ泣いても笑っても次がラスト

決勝です

決勝のお相手はやはり

アメリカでした。


さて、ここまできたら2大会連続優勝を勝ち取ってほしい!

更に言うなれば

前回大会以上の迫力と感動を期待したい!


なでしこジャパン は、

それが可能なチームですから★



イングランドも、3位決定戦頑張ってください!

イングランド改

主張しまくるイングランドっ娘



海外の反応ランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

イギリス



近洋楽紹介をしてなくて申し訳ありませんが、
いよいよサッカーも盛り上がってきたので、
サッカー関連の記事を継続して記載したいと思います!

女子サッカーW杯 準決勝の4チームが決まりました★

アメリカ
ドイツ
イングランド
そして
日本

順当といえば順当
準決勝の日本の相手は、
カナダに2-1で勝ったイングランドとなりました!

7月1日 17:00 キックオフです! お見逃しなく!
訂正※7月2日 8:00でした
現地時間を記載してました 汗


これに勝てば、前回大会の再現! 決勝となります!

また、アメリカが勝ち上がってくるのか・・・どうなんでしょう。

ちなみに、負けても3位決定戦があります!

あと2試合見ることができますね!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さてさて、冒頭で画像を載せましたが、
イングランドってそもそも何!? って思いませんか?

イギリスじゃないの!?

・・・という訳で、この機会にイングランドとイギリスの違いをおさらいしちゃいましょう★


日本ではなじみの深い国 
イギリス

イギリスといえば、ヨーロッパでは代表と言っていいほどの国です。
当たり前ですが、英語はイギリスから来ています。

イギリスという言葉は、オランダ同様、現地の人には伝わりません。
理由は、イギリスもオランダも、ポルトガル語からのなまりによって生まれた言葉だからです。

でも、私たちは、イギリスを頭に思い浮かべれば、
大体の国の場所はつかめるのではないでしょうか?

そして、それはきっと間違ってないです。
その思い浮かんだ国がイギリスです。

しかし、イギリスというのは、もともと4つの国の集まりが連合してできた国です。

それを正式名称で
United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)

といいます。 これが日本の共通認識であるイギリスです。


では イングランド とは一体・・・・
その答えが下の画像にあります。
4c0e773c
※わかりやすい画像をどこからかお借りしました カラー部分すべてイギリスです

先程、イギリスは4つの国の連合と言いましたが、薄いピンクの所がイングランドとなります。

すなわち、イングランドは、
イギリスの4つに分かれた国の1つということになります。


ですので、この4つは独立しているようなものです。

サッカーでは、スコットランドも有名ですよね?

日本人からすれば、スコットランドも、イギリスなんです。


しかしヨーロッパに住んでいる人は、たぶんですが、イギリスの括りで国を見ないと思います。
4つの別々の国という認識が近いと思います。

ちなみに、イングランド人はイングリッシュで良いのですが、
その他の3つの国の人をイングリッシュと呼ぶと怒られます。覚えておいてください。


イギリス=イングリッシュでは無いということです

でもみんな英語は使いますけどね(笑)


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

次に、国旗についておさらいしたいと思います。

おど
イギリスの国旗は、誰でもわかりますよね★

これが、いわゆる4つの連合国の国旗となります。
別名 ユニオンジャック と言います。 カッコイイですよね!

4つの連合国だけあって、実はこの国旗、
うまーくそれぞれの国旗を合体させているのですよ♪


下の画像をご覧ください!
ユニオン前

なんとなく合体の想像ができたでしょうか?
スコットランドの国旗をベースに、イングランドと北アイルランドの赤線が混ざっています。





あれ?



ウェールズ 無くない!?


かわいそう

なんと、ウェールズの国旗は、ハブられたようです・・・・

イギリスのユニオンジャックは1800年ごろに作られたのですが、
その時代に制作した人たちも、きっと悩んだのだと思います。

このドラゴン なんか微妙じゃね?  ※かなりの失言申し訳ありません

なにこのベロと尻尾。 ウケ狙い? ※かなりの失言申し訳ありません

などと、思ったに違いありません。


かわいそうなことに、ウェールズも連合国の1国なのに、国旗には混ぜてもらえませんでした

しかし!!

200年が経ち

最近になって、今度こそウェールズも混ぜた国旗を再制作しようという流れが来ています。

新しい国旗が見れるのは、そう遠くはないのかもしれませんよ♪♪


まぁこの話は5年以上前から、出ていたのですが、今現在悩んでいるご様子です。

・・・・まぁ気持ちはわかるよ(笑) ウェールズだけ突出しているデザインだけにね


という訳で、以前日本で作られた、新しいユニオンジャックの想像図を紹介したいと思います。

へんたい
4つの想像国旗を1枚の画像にまとめました。


左側の上と下は、なんとか強引に、でも無難にまとめています。

右上見てくださいよ(笑)(笑)
なんとさりげない、顔出し! 僕は、ちなみに、この国旗が好きですがね。
でもやはり、ウェールズをバランスよく混ぜるのは難しいのか・・・

といわけで、右下(笑)
ウェールズのドラゴンがあまりにダサい(失言)から、
いっそのことカッコよくしちゃえ的なノリで、
うまく半透明にして、各国のバランスを考えた国旗(笑)



もう言葉にできない www




・・・というわけで、イギリスとイングランドの違いおわかりいただけたでしょうか?

後半、サッカーとは全く関係ないですが、ご了承くださいませ。


それでは

がんばれ なでしこJAPAN!!


海外の反応ランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック




日は痛快ソングを紹介します

以前も紹介したDemi Lovato の登場です!
彼女の過去の紹介ブログを見たい方はコチラ★
http://blog.livedoor.jp/zuzurelli/archives/2015-06-06.html

今日の曲はReally Don't Care 意味は【本当に気にならない】とか
本当に心配しないで】のような表現になります。

前回の曲の時に、彼女のライフスタイルを少し紹介しましたが、
彼女は、過去を乗り越えて現在があります。

そうゆう時の人間は、吹っ切れるというか、たくましくなるというか、
とにかく身も心も強くなるものです。


この曲の歌詞は、そんな彼女の生き方、強さがとても伝わってくる曲です。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


You wanna play, you wanna stay, you wanna have it all
You started messing with my head until I hit a wall
Maybe I should've known, maybe I should've known
That you would walk, you would walk out the door, hey!


Said we were done, then met someone and rubbed it in my face
Cut to the part, she broke your heart, and then she ran away
I guess you should've known, I guess you should've known
That I would talk, I would talk


※サビ-----------------------------------------------------------------------------
But even if the stars and moon collide
I never want you back into my life
You can take your words and all your lies
Oh oh oh I really don't care


But even if the stars and moon collide
I never want you back into my life
You can take your words and all your lies
Oh oh oh I really don't care
Oh oh oh I really don't care
---------------------------------------------------------------------------------------



I can't believe I ever stayed up writing songs about you
You don't deserve to know the way I used to think about you
Oh no not anymore, oh no not anymore
You had your shot, had your shot, but you let go


Now if we meet out on the street I won't be running scared
I'll walk right up to you and put one finger in the air
And make you understand, and make you understand
You had your chance, had your chance


※サビ くり返し


【ラップ】
Yeah, listen up
Hey, hey, never look back,
Dumb struck boy, ego intact
Look boy, why you so mad
Second guessin', but should've hit that


Hey Demi, you picked the wrong lover
Should've picked that one, he's cuter than the other
I just wanna laugh, cause you're tryna be a hipster
Kick it to the curb, take a Polaroid picture


※サビ くり返し

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】


あなたは遊びたいし、ここに居たいし、もう全部欲しいんだよね
あなたは私の頭をぐちゃぐちゃにさせたうわ、私は壁に当たってる
知るべきだった、知るべきだったのかもしれない
あなたが出ていっちゃうって事を


私たちは終わったとか言って、他の彼女を私に見せつける
でも要するに、彼女はあなたを振ったのよね、そして逃げて行ったと
あなたは知るべきだった、あなたは知るべきだっただろうね
私は口が軽いのよ


※サビ---------------------------------------------------------------
たとえ星と月がぶつかったとしても
私の人生に、2度とあなたは戻ってきてほしくない
あなたは好きなだけ嘘をつけばいいわ
もう本当に気にならないけどね


たとえ星と月がぶつかったとしても
私の人生に、2度とあなたは戻ってきてほしくない
あなたは好きなだけ嘘をつけばいいわ
もう本当に気にならないけどね
もう本当に気にならないけどね!

------------------------------------------------------------------------


あなたの事を想って遅くまで曲を書いてたなんて信じられない
あなたは、私が想っている人に値しない人だわ
もう何も無い、もう何も無いわ
可能性はあったのに、あったのに、自ら去っていったのよ


もし道で私達が出会っても、今なら恐れて逃げたりなんかしない
あなたに向かって中指を1本空に立ててやるわ
そして理解すればいい、理解すればいいのよ
あなたにはチャンスがあったってことを


※サビ くり返し


【ラップ】
ねぇ聞いてよ!
二度と振り返らないで
そこの唖然としてる少年は、まだ自惚れているわ
ねぇ、なんであなたは発狂してるん?
だから、こうすればよかったのに


ねぇ、デミ、間違った恋人を選んでしまったようね
あの人にするべきだった、彼の方が元彼のあいつよりかわいいね
ウケルー(笑)、だってあいつ流行気取ってるんだもん
石ころ蹴ってぶつけて、ポロライド写真、激写しようよ


※サビ くり返し

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?

この曲は、途中にラップが入っています。
実はラップの部分は、Cher Lloydという、かわいい女性が担当しています。

この曲のみのコラボとなっています★

この曲をざっくり説明すると、

・彼氏と別れてしまって、気分最悪な時期があったけど、何とか乗り越えた

・一方、元彼は、最初は新しい彼女を見せつけてきたけど、時期に振られてしまう

・しょんぼりしている元彼を見て、完全に吹っ切れるようになる


というように、最終的には彼女側が前向きになるという痛快な歌詞になっています。


これは、一応ラップ部分でHey Demi と呼んでいるので、
歌詞中の彼女とは、Demi自身ということになりますね。

この曲は、実話なんでしょうか? 気になるところですね。

真実は、わかりませんが、恋愛というのはちょっとしたきっかけや時間が経ったり等で、
強くも弱くもなるということですよね!


うーん。。いろいろと教訓になります。


この歌は、とても歌いやすく、前回のNeon Lightsの曲と同様、サビは同じ歌詞を繰り返すのみです。
少し覚えれば、カラオケでも歌うことができますよ!

ちなみに、カラオケのリストにこの曲が入ったのは、ほんと最近です

彼氏と別れてしまって辛い・・・なんて方いましたら、気分転換にこの曲を歌うことをおすすめします★

話はそれますが、僕は彼女歌い方、サビのラストの
レアリードンッケァって歌う、【ケ】の部分のかすれ声が大好きです!!

本日も最後まで見てくれた方、ありがとうございました!

fsgfds

吹っ切れた女の子 的な♪




 


擬人化イラストランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ