【Lyric Art】リリックアート 洋楽の歌詞・和訳解説 (*´∀`*) フリートーク有り

※2018・5.21※ 【ブログ名変更しました】
 [過去ブログ名] zuzurelliの洋楽歌詞の和訳と擬人化のブログ
ここでは、主に洋楽の紹介や、歌詞の翻訳を行っています。
また、個人的に大好きなCimorelliというグループを紹介しています。
あと、洋楽の紹介と同時に、直感的にイメージが沸いた絵を掲載しています。   
その日の気分により、絵の画風が変わりますが、 ぬるい目で見守っていただけたらと思います・・

Tag:キアラ

 
愛という、目には見えないそれは、見えない無限の何かを生み出してくれる】




イオンキング2の音楽、これで最後の翻訳です。


僕はこの映画に思い入れがあったので、個人的に重点的に翻訳してきましたが、
今回の場面が、クライマックスの音楽です。

曲のタイトルは【Love Will Find A Way】
公式での日本語吹き替えのタイトルでは【愛の導き】と表記されています。

一応、英語をそのまま訳すと【愛は道を探し出す】となります。
ですから、道を探すということは、道を作りだすという事なので、
導くという言葉で日本人なら通じます。

ですが、吹き替えの歌詞は、英訳をかなり強引に解釈しています。
もちろんこれは仕方ない事ですし、内容もおおまかにはずれていないので
問題はないですけどね('ω')ノ


一応吹き替えバージョンとは違って、英訳に限りなく忠実に訳しました。
それでは、動画を観ながら感傷に浸ってください(^^

※キアラはピンク、コブは青、デュエットはオレンジで表現しました


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

In a perfect world
One we've never known
We would never need
To face the world alone


They can have the world
We'll create our own
I may not be brave or strong or smart
But somewhere in my secret heart


I know love will find a way, anywhere I go
I'm home if you are there beside me

Like dark, turning into day
Somehow we'll come through
Now that I've found you
Love will find a way




I was so afraid, now I realize
Love is never wrong
And so it never dies


There's a perfect world
Shining in your eyes

And if only they could feel it too
The happiness I feel with you


They'd know love will find a way
Anywhere we go
We're home if we are there together

Like dark, turning into day
Somehow we'll come through
Now that I've found you
Love will find a way


I know love will find a way



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】


完璧な世界
私たちが決して知ることのできなかった一つ
その世界を見つけるのはむずかしい

みんなそれぞれ自分の世界を持つことができる
私たちだって、自身の世界を生み出すことができる
でも私は勇敢ではなく、強くも活発でもないかもしれない
なんて、どこか心の奥底では・・・


知ってるの
愛って道を切り拓くのよ
どこへでも行くわ
もしあなたがそばにいてくれたら、帰れるの

闇がやがて光輝くように
なんとかすれば、私たちはきっとつながるから
今 、わたしはあなたを探しているの
愛は道を切り拓く




僕はとても恐れていた、でも今ならはっきりとわかる
愛というものは、ちっとも悪くない
だから、それは決して消滅することはない

そこは完璧な世界
君の目に輝きが差し込める
それらだけでも、感じることができるのなら
あなたと一緒に幸福を感じれる


誰でも知ってる
愛とは道を切り拓くもの
どこへでも行くわ
私たち共に歩めば、互いが家のように安らげる

闇がやがて光輝くように
なんとかすれば、私たちはきっとつながるから
今 、わたしはあなたを探している
愛は道を切り拓く


知ってる
愛が道を切り拓くって


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?

正直出だしのキアラが歌う部分の歌詞の翻訳が、
果たして正しく翻訳できているか自信がありません。

まぁニュアンスだけ感じてもらえれば嬉しいです(笑)


この音楽を知るには、この歌詞に至った経緯を知ることが必要です。
まぁざっくり言えば、

コブがプライドランドから追放されて、
キアラと離れ離れを強要させられた


という展開があったからこそ、この歌が生まれたわけです。


離れ離れになってしまってどこにいるかわからないけれども、
という力、すなわち会いたい気持ちによって、
お互いを惹きつけて、また再開できる
 という

見えない愛が、互いの居場所の道しるべをした歌なのです。



言葉ではなんだか大それた事言っている感じがしますが、
事恋愛においてはごくごく自然な事です。


--◇ここでちょっと、英語の意味を少し細かく説明したいと思います◇--

この歌は、①でキアラの心情を歌い、②でコブの心情を歌い
ここで再開して、途中から一緒に歌います。


この歌では、I, You, We, They といった人称代名詞が頻繁に出てきます。
まぁ二人の歌なので、I,You,Weお互いの事を言っています。

ではTheyは誰を示すのでしょうか?

私たちは、よくTheyという単語を習うときに 彼ら とか それら と習います。

ですが、それをこの歌で当てはめると、かなり違和感が出ます。

一体誰を指しているんだろう・・・


というわけで、結論から言いますと
この歌でのTheyの使い方は、僕ら日本人の視点から使うとしたら
All People と同意語だと思ってください。

つまり みんな 全員です。

愛というものは別に、キアラとコブだけ特別持っているものではありません。
全世界の全ての生物に共通です。


つまりここでのTheyの対象は、すべての生き物と捉えてください。



にサビ中にある I'm homeWe're home です。

これは、普通に訳すと、【家に帰る】または【ただいま】です。

しかし外国の人は、日本人と違って、帰って来た時に 

ただいま

と言う習慣がありません。

僕もオーストラリアにホームステイした時に、早々にカルチャーショックを受けた部分です。


つまり玄関では何も言いません。

もし、玄関に家族が出迎えてきてくれたら、

Hi

でいいのです。


I'm home という言葉は、むしろ誰もいないところで言った方が自然です。

家だーーー! って感じのニュアンスを海外では持たれています。



さて、それを踏まえたうえで、歌詞中のI'm homeを考えてみましょう。

つまり、ここでは家を指すわけではなく、比喩表現を使用しています。

自分の家は落ち着くし安らげる安息の場所ですよね。
それを、①では相手の懐、つまりコブの事を、キアラにとって安息の場所 と表現しています。
②はWe're home つまり、互いが互いを安息の家と 表現しているのです。

ここが理解できると、この歌の美しさがより一層感じれるのではないでしょうか(#^.^#)



この歌は、
愛し合っているけど、事情があって離れ離れになっているカップルには、
特に響く歌詞かとおもいます。


例えば、このライオンキング2の世界観でもありましたが、
キアラとコブは同じライオンでも、生まれた場所が違うというだけで、
禁断の愛 のようなシチュエーションになっていました。


これは実際のライオンの世界では、ありえないと思いますが、
人間の世界では、よくあるシチュエーションかと思います。

現代の日本ではあまりないとは思いますが、
海外ではよくある話です。

人種、身分、階級、宗教 

このような物があるがために、

禁断の恋

とならざるを得なかったカップルも多かったのではないでしょうか。


よくよく考えれば、悲しい話ですよね。


愛というものは、本来そのようなものに縛られるものではありません。

禁断の恋となったがために、結ばれなかった人や社会的制裁を受けたり、
殺された人たちがいるというのが人間社会では少なからずあるというのが現実です。



しかし、このような禁断を乗り越えた人たちというのは、
この歌に通ずるものがあるのかな と思うと、
ロマンチックと思ってしまいます。
ですが、そのロマンは人間社会の複雑さが生み出した
見えない壁を肯定するわけになるので、皮肉な話です。



まぁ考えすぎですかね・・・(^-^;


というわけで、キアラとコブの再開によって、
愛を再認識し、お互いの気持ちをライオン社会の平和につなげて、
ハッピーエンドとなるというきっかけの歌でした!



本日も見てくれた方、ありがとうございます★

image


今回も知り合いの方に描いてもらいました(*^▽^*)
コブキアラ





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


《元は勘違いから生まれたシーン・・
ですが私たち人間にも通ずる、考えさせられる歌です》




の好きなライオンキング2の曲の紹介です。

このシリーズは自身のブログにて、既に2曲紹介しているので、
気になる方はコチラもどうぞ★


【ライオンキング2】の曲一覧  ←クリック


さて、今回の曲は【Not One Of Us】という曲です。
ストレートに訳せば【私たちの中の一人では無い】となります。

この映画は、ライオンの群れ同士のいがみ合いが、
ストーリーの主軸になっているので、
私たちの中 というのは、

つまり、
私たちの群れの仲間では無い
という意味になります。

Not後に続く英語の意味を強く否定する意味合いがある為、
仲間では無い! と強く釘をさす表現であります。


言われた側は、とてもショックを受ける程の言葉です。


まぁ、この歌を説明するには、
ライオンキング2のストーリーを知らなければ理解も出来ませんよね。

簡単に説明すると、

いがみ合っている2つのライオンの群れの、それぞれの男女(キアラコブ)が
親密な関係(禁断の愛)を深めていった結果、
コブ側(アウトランド)の群れが、おもしろくなく感じて、コブを使って、
キアラの父であり、サバンナの王、シンバを抹殺する計画をコブに持ちかけるも、
コブは、シンバ側の共生の意見に理解していく。。

しかし、シンバとコブの男同士の話し合いをしているうちに、
不意をつかれ、コブの群れのライオンに包囲され、殺されかけ、
シンバはコブが、自分をだまして油断させたと思いこんでしまった。。

しかし、その後、コブは誤解を解くために、シンバの群れに行き、
話しをしようとするも、シンバが断固として聞かず、
プライドランドからの追放を命じた。

娘であるキアラと親密を深めていき、
一度はシンバもコブを受け入れたのだが、
今回の件で、追放した形が、この歌・・というわけです。



文字で説明するだけでは、ライオンキングを知らない方には分からないかもしれません。
是非、一度ライオンキングシリーズを見ていただくことをお勧めします。

それでは、歌詞を載せます。

※この歌は、合唱タイプの歌で、サブ歌詞も多いため、
1文節ごとに、歌詞を和訳記載いたします。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
《歌詞・和訳》


Deception
だまし

Disgrace
面汚し


Evil as plain as the scar on his face
邪悪で、スカーの顔と同じように醜い
※スカー:シンバと犬猿の関係の兄弟分


          
Deception (An outrage)
だまし (憤怒)

Disgrace (For shame)
面汚し (恥ずかしい)

He asked for trouble the moment he came
彼が来た瞬間、彼はトラブルを招いた

 
 

Deception (An outrage)
だまし (憤怒) 

(He can't change his stripes)
(彼は自身の生き方を変えることはできない)

Disgrace (For shame!)
面汚し (恥ずかしい)

Evil as plain as the scar on his face
邪悪で、スカーの顔と同じように醜い

(See you later, agitator!)
(またな 先導者よ)←皮肉の意味



Deception (An outrage)
だまし (憤怒)

(Just leave us alone!)
(私たちをほっといって、孤独に)

Disgrace (For shame)
面汚し (恥ずかしい)

(Traitor, go back with your own!)
(裏切者、お前自身もろとも帰れ)

 He asked for trouble the moment he came
彼が来た瞬間、彼はトラブルを招いた

(See you later, agitator!)
(またな 先導者よ)←皮肉の意味



 

Born in grief
生まれながらにして不幸な存在
 
Raised in hate
憎しみを起こした

Helpless to defy his fate
自分でも受け入れられない、無力な彼の運命
 
Let him run
走りなさい

Let him live
そして生きなさい
 
But do not forget
でも忘れるな

What we cannot forgive
私たちはお前を許さない



And he is not one of us
おまえは、私たちの仲間ではない

He has never been one of us
彼は決して仲間ではない

He is not part of us
彼は私たちの一部ではない

Not our kind
同種でもない


Someone once lied to us
おまえは私たちに嘘をついた

Now we're not so blind
私たちは盲目ではない

For we knew he would do what he's done
うすうすわかっていた、彼がこのような行動をするだろう事を

And we know that he'll never be one of us
そして、彼が私たちの仲間では決してないという事を
 


He is not one of us
彼は、仲間ではない


Deception
だまし
 
Disgrace
面汚し
 
Deception
だまし
 
Disgrace
面汚し

 
Deception
だまし


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか、この歌はサブの歌詞が多いため、
( )の中の歌詞は、聞き取れなくても問題ありません。

メイン歌詞だけで、内容は分かります。


・・・わかるとは言ってみたものの、
この歌、ずいぶんと悲しくも暗い、
ネガティブタイプの曲ですよね。

歌詞の意味が分からずとも、
音楽の雰囲気だけでなんとなく暗い歌ということはわかります。


歌詞も明らかに、ネガティブな内容です。
あまり落ち着いて聞ける音楽ではないですよね。

きっとライオンキング2を見たことがある人でも、
この曲に思い入れがある人は
少ないのではないかと思います。



特に、日本語吹き替えのこの曲は、
英語の韻に無理矢理合わせている感も手伝い、
歌詞とリズムに違和感がありました。



結論を言うと、この曲はあまり聞いてて気持ちよくはありません。
冒頭でストーリーを説明しましたが、
コブを追放している歌です。

百獣の王シンバの判決ということで、ライオン達どころか、
全ての動物が、コブに対して攻撃的になります。
(普通に考えたら、ありえない構図なんですが笑)



濡れ衣を着せられたコブにとったら、
なんともいえない辛く悲しい瞬間ともいえるでしょう。

結果的に愛するキアラと離れ離れになったわけですからね。



もちろん、このストーリーには続きがあり、
最終的にはハッピーエンドになりますが、
それに関しては次回の曲の時に説明するとして、
今回は、この曲だけに焦点を合わせたいと思います。



ライオンキング2の主軸のストーリーは同種の争いです。

同じライオンでありながら、憎みあった結果、
コブのような立場が生まれてしまい、
この曲は誕生しました。


曲自体は、実際とっても素晴らしい曲です。
ここまで、陰なる言葉の数々を歌詞にして、
合唱という形で、歌うというよりも訴える感じが素晴らしいです。


歌詞の内容は至ってシンプル
お前は仲間では無いと強く訴えています。

そのうえ、事実ではないのにもかかわらず、
コブを完膚なきまでに、言葉で攻撃しています。



視聴者である、私たちが見ても、この構図は良くないし、
シンバ側の、勘違いであることが分かっている以上、
この争いの不毛さが感じて取ることができますね。



ですが、良く考えてみてください。
これって、なんか心当たりありませんか?


これは、私達人間も同じことをしています。
同じ人でありながら、肌の色、言語、宗教が違うという理由で、
争いが絶えず行われています。


事実をおいてけぼりにして
自分の考えに合わない人たちのグループは非難する傾向にあります。


子供向けの映画ですが、内容は実に道徳的です。
非常に考えさせられます。


私達人間は、ヒトとその他の動物の違いは絶対にわかります。

いろんな生き方のヒト達がいますが、
アフリカの少数民族や、アマゾンの民族を見ても、
私たちは必ず、同じ人間ということはわかります


分かっていますが、肌の色や、言語の違いで、
距離を置いてしまいます。

もっと言うと、日本人は、日本人以外の人に対して、
ちょっと距離を置きがちです。

まぁこれでも世界に視点を置いたら、平和なものです。


神を信じているものが、
神の信じている内容が違うという理由だけで争う人もいます。

差別もあります。

●●出身というだけで、対立する人たちもたくさんいます。




これらは、すべて
【事実を置き去りにして攻撃的な態度をとっている】行動です。


この歌は、いわば事実をしらないまま、コブを悪者扱いしている歌なのです。


そして、この歌と同じ事が、世界中で起きているというのも現実です。


これの極端例が

戦 争

になるわけです。




前置きは長くなりましたが、別にこの歌を天秤にかけて、
私たち人間の生き方をまとめたいわけではありません。



ただこの歌を聞くことによって、少しでも人間に焦点を合わせて、
皆さんが感じていただければ幸いです。


ライオンキング2が最終的に、ハッピーエンドになるのだとしたら、
人間に置き換えれば、殺し合いのない世界平和です。





ただただ考えさせられちゃう歌だなぁ と僕は感じました。


みなさんはどう思いましたか?('ω')



それでは、本日も長々とありがとうございました★

image
恒例のキアラの擬人化です★コブと離れる悲しさをイメージ
今回は、知り合いの方に描いていただきました(*'▽')



にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



日は暑いですねぇ・・・

暑いうえに、蒸しむししますねぇ。。

こんな時は自然と【地獄だー】などと口ずさんでしまう今日この頃ですが。

そんな考えを180度転換できるような、
素敵な1曲を紹介したいと思います。


蒸しむしの暑さ を 情熱の熱さ に変え
地獄 を 天国 に変え ←※ちょっと強引
あち~ を 愛~ に変わるような ←※かなり強引

そんな、曲を紹介したいと思います。


ディズニーのライオンキング2より、【Upendi】です。
ユペンディと発音します。

意味は【愛の場所】です。 しかしこの単語は英語ではありません。
スワヒリ語らしいです。 おもにアフリカに存在する言語です。

※ちなみに以前も、ライオンキング2に関しては1曲紹介しているので、
よかったら、併せてこちらもどうぞ

http://blog.livedoor.jp/zuzurelli/archives/34631655.html

この映画を見たこと無い人の為に、おおざっぱに説明するならば、

男女2匹のライオンが、
なかなか発展しない事にみかねたサルといろんな動物たちが、
ちょっと、ひと仕事してキューピット役をかってでた


という、内容です。
ストーリー的には、当然もっと深いのですが、
この歌だけに焦点を充てるのであれば、こんな感じです。  たぶん


それでは、それを踏まえた上で、ご覧ください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


There's a place where the crazy moon
Makes the monkeys sing and the baboons swoon
And the sultry scent of the lotus bloom
Will carry you away


Where the hippos swing from the jungle vines
And the rhino rhumba in a conga line
And the pink flamingoes are intertwined
As the stars come out to play


※サビ----------------------------------------------------------
In Upendi
Where the passionfruit grows sweet
And it's so divine
That you lose your mind
As it sweeps you off your feet


In Upendi
Without a worry or a care
It just takes two
To make it true
Your heart will lead you there
-------------------------------------------------------------------



You better watch your step 'cause the path is steep
Better hold your breath cause the water's deep
It's a long way down over Lovers' Leap
But falling's half the fun!


※サビ くり返し


You can beat the bush like there's no tomorrow
From Tanganyika to Kilimanjaro
But you'll find Upendi wherever you are
Oh underneath the sun


※サビ くり返し


Down In Upendi
Way down
In Upendi!・・・・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】


そこには、クレイジーな月があります
サルは歌い、ヒヒを夢中にさせます
そして花の情熱的な香りが
あなたを運んでくれるでしょう


ジャングルのツルでカバがブランコ
そしてサイは、コンガのリズムでルンバを踊り
そしてピンクのフラミンゴが絡み合って
星が出てきて始まります


※サビ--------------------------------------------------
愛の場所は
パッションフルーツは甘く育つ
そしてそれはとても神聖で
だから、あなたの思考を麻痺させ
時に、足元が見えなくなる


愛の場所は
心配したり、気にしたりせず
ちょうど2つが真実を
語っているのなら
ハートは、あなたを導くでしょう

------------------------------------------------------------



良い道を見極めよう、通り道は険しいから
息は止めた方がいいよ、水は深いから
それは愛の鼓動という名の急降下の長い道だ
でも、落下中の半分は楽しい!


※サビ くり返し


あなたは明日が見えないような茂みを打ち出すことができる
タンガニーカからキリマンジャロへ
でもどこにいても、あなたは愛の場所を見つけることができる
太陽の下


※サビ くり返し


愛の場所
愛の場所・・・

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?
ディズニーの映画ですので、もちろん日本語吹替え版の歌詞というものが存在しますが、
上記の翻訳は、あくまで原曲の歌詞をそのまま翻訳しています。

日本語バージョンはニュアンスを変えて歌っているので、歌詞に多少違いはあると思いますが、
おおまかな趣旨はどちらも同じです。


これは、動画では2匹のライオンが、実際サルに導かれて、なんか桃源郷のような場所に
導かれましたが、
この場面の趣旨は、2匹の心の中の発展です。

あの場面は、比喩的な表現で歌にしています。


場面のシチュエーションが整ったら、一段と愛が芽生えて、
愛を感じると、自分の冷静な思考が働かなくなるよー★

ってサルのラフィキじいさんは熱弁しています。

いわゆるラブマジックです。

でも怖がらないで、その身をありのまま見せればいい。
恋愛は険しい時もあるけれど、その反面楽しさもあるんだよー★
愛はどこにでも存在するんだよー♪

と、人生の先輩ならでわの、ありがたいお言葉を頂戴するカップルライオン。

さて、あのサルのじいさんは、
いままで何人もの女性を、手玉にとってきたのでしょうか。


たぶんライオンキング5あたりで、彼の過去ストーリーが、公開されると思います。


愛の育みかたは、それこそ十人十色ですが、
素敵なシチュエーションで、とても楽しいって瞬間は、やっぱり良いし憧れますよね。


僕は、この音楽を初めて聞いたとき、何度もビデオを巻き戻しては、くり返し再生するのを、
なんどもやって、このシチュエージョンに浸っていた時期があります。


正直、どう表現すればいいかわからなくて、うまい言葉をブログにかけなくて申し訳ありませんが、
とてもこの曲が好きでした。
そして、この曲のおかげかは、わかりませんが数か月後、彼女ができたんですよね 

もしかしたら、僕はこのサルのラフィキじいさんに、
お礼を言わなければならない立場なのかもしれません。


ので、この場で言います。

あの時は、本当にありがとうございました!!!
また、人生についていろいろ教えてください!
ライオンキング5あたりで。


もしかしたら、みなさんも、このおじい様の言葉で人生が変わるかもわかりませんよ(^○^)


それでは、本日も見てくれた方ありがとうございました♪
熱中症には十分気を付けて夏を過ごしましょう!

kiara22

前回に引き続きキアラを擬人化しました★
今度は成長したバージョンです(*^^)



にほんブログ村

ママの生活必需品|ハピタス

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



日はディズニーの音楽です

映画、ライオンキング2の、とあるワンシーン。
父親のシンバと子供のキアラが、会話をしながら将来について歌うという、
親子で話すには、なかなか深い内容の話題です。

これもライオンであるが故の運命なのでしょうかね。
百獣の王は動物界すべてにおいての君臨する王ですから、
キアラも将来、王様(女の子だから女王)になる為に、
いまのうちに、しっかりと学ばないといけない、遊びも大好きだけど・・

そんな葛藤を、お父さんが歌にしてキアラに優しく教えてあげています。

さて、曲名We Are One は【私たちは1つ】という意味です。
一心同体、常に一緒だよということです。

壮大な世界観と、サバンナらしい音楽が融合して、
とっても素敵な曲ですよ!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

シンバ 
As you go through life you'll see
There is so much that we
Don't understand

And the only thing we know
Is things don't always go
The way we planned

But you'll see every day
That we'll never turn away
When it seems all your dreams come undone
We will stand by your side
Filled with hope and filled with pride
We are more than we are
We are one

キアラ
If there's so much I must be
Can I still just be me
The way I am?
Can I trust in my own heart
Or am I just one part
Of some big plan?

シンバ
Even those who are gone
Are with us as we go on
Your journey has only begun
Tears of pain, tears of joy
One thing nothing can destroy
Is our pride, deep inside
We are one

We are one, you and I
We are like the earth and sky
One family under the sun
All the wisdom to lead
All the courage that you need
You will find when you see
We are one

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】

シンバ
キアラも生きていくうちに分かるだろう
世の中には分からないことがいっぱいあるんだ

私たちが唯一知っているのは
物事はいつも思い通りにいかないという事さ

だけどね、おまえも分かるだろう
決して逃げるわけにはいかない
たとえ全ての夢が叶わないかもだろうとも
お父さん達がそばにいるよ
満ちた希望と誇りを持って
私たちは、私たちは
私たちは一緒だよ

キアラ
もし私に大きな使命があるとき
私は私らしくできるかな?
私のやり方で
私は自分の心を信じることができるのかな?
私も壮大な使命の1人に過ぎないのに。

シンバ
キアラの旅はまだ始ったばかりだ
苦しみの涙
喜びの涙
誰にも壊せない唯一のものはね、
私たちの誇り、心の奥深くに
私たちは一緒だよ

私たちは一緒って意味はね
キアラとお父さん
地球と空のように
太陽の下は、すべてが1つの家族
すべてを導く事の賢明さ
必要な勇気
おまえもいつかきっと分かるよ
私たちはひとつだから

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?

この歌は、英語の発音がしっかりしているので、
結構聞きやすかったと思います。

ライオンたる者、決して振り向いてはだめだ!
自分の道を信じて、頑張っておくれ!
大丈夫、私たちがいつも見守っているよ!

歌詞を要約するとこんなメッセージを子供に伝えています。

ライオンキング2では、ケンカしていて分裂したライオンの群れが、
最終的には1つになって、ハッピーエンドになるというお話。

どんなに色が違っても、顔つきが違ってもライオンはライオン。
いがみ合うなんてせずに、仲よくしていこうってことです。

なんだか、人間の私たちには、いろいろ耳が痛くなる話ですよね。
それが理想だとは理解しつつも、
地球に住んでいる私たちはいまひとつ1つになれませんね。

人種に対する差別は今なお続いています・・・汗


ちょっと話は変わりますが、みなさんティッピという女の子を知っているでしょうか?
動物と会話ができ、自然体で接することができる女の子です。
僕が学生の時にティッピは少女でしたので、今はもう大人になっているはずですが、
ティッピはライオンなどにも、防具や武器といったものを一切身に着けずに、
遊んだり、寝たりできるのです。

本当にすごいことだと思います。彼女の事を詳しく知りたい方は、
一番下に本を紹介するので是非ご覧になってください。

人間同士の、ライオン同士の1つは、なんとなく理屈でわかりますが、
動物と人間の1つ(共存)は、理想と知りつつも、越えられない壁です。

僕が知っている限りでは、ティッピただ一人でしたね。その壁をぶっ壊したのは。
これが本当の意味での1つですよね★ We Are One!

ぼくはティッピの信念に見習って、いつもノラ猫と仲良くなろうとWe Are Oneしますが、
必ずボロくそに負けて終わります。
ティッピが心底うらやましいのです 涙

本日も、最後まで読んでくれた方ありがとうございました(*^^*)

65e42f3d.png



キアラを擬人化してみました。
今日はきっと間違いなく擬人化です!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ