【Lyric Art】リリックアート 洋楽の歌詞・和訳解説 (*´∀`*) フリートーク有り

※2018・5.21※ 【ブログ名変更しました】
 [過去ブログ名] zuzurelliの洋楽歌詞の和訳と擬人化のブログ
ここでは、主に洋楽の紹介や、歌詞の翻訳を行っています。
また、個人的に大好きなCimorelliというグループを紹介しています。
あと、洋楽の紹介と同時に、直感的にイメージが沸いた絵を掲載しています。   
その日の気分により、絵の画風が変わりますが、 ぬるい目で見守っていただけたらと思います・・

Tag:復縁



【実恋愛とドラマの両立した最重要キーワード:What’s the point in hiding?】


PVが公開されました★
あたかも40年くらい前にタイムスリップしたかのような作り(*^^*)
このビデオすごくいい!
おまけページを見たい方はこちらをクリック


 穏やかといえば穏やか
でも本質的には悲しみに満ち溢れてもいて・・・

しかしながら、ゆっくり山を登って、下っていくような
サビの雰囲気は、なんとなく彼女の『らしさ』
うまく現れていて、且つバスドラムの重低音が、
心臓の鼓動のようにも感じて、
不思議な魅力に惹き込まれてしまいます。


もちろん理由は歌詞にもあるんでしょうが、
最大の魅力は彼女の人間らしさゆえの愛嬌が
歌詞をひきたてているからこそにあると思います。



さて、この歌の歌詞を説明するには、
何点か前置きの説明が必要かと思います。

まずこの歌の歌手【Selena Gomez】セレーナ・ゴメスについてです。
彼女を知っていれば、特に前置きは必要ないのですが、
日本では、海外ほど洋楽が浸透していないため、
彼女自体を知らない人もいると思います。

彼女は、子供の頃から女優業に興味を持ち始め、
アメリカで子役としてTV出演したのが始まりです。
その後、数々の有名なドラマ等に出演し、
女優としてだけではなく、歌手としても活躍して今に至ります。


その外見の可愛さはもちろんですが、
それ以上に評価が高いのは彼女の人間としての『らしさ』が
素敵というか、自然体なところが好きになる理由かと思います。


彼女の話題が出てくるときに、セットで何度も出てくるのが
こちらも超有名な『ジャスティン・ビーバー』です。

簡単に言えば、ふたりは過去に何度も復縁して、
そのたびに世界中の話題になる、
いわばビッグカップル的存在
なのです。

今回の歌は、というか今回の歌も
やはりというべきか、恋愛に対しての想いが込められています。
なんでこんな言い方をしたか  というのは後で説明します。

ちなみにこの曲は、海外ドラマ【13の理由】挿入歌です。
このドラマは既にシーズン1が終了していて、
最近公開されたシーズン2に流れるそうです

この去年公開されたシーズン1は、10代の若者には特に観てほしい。
自殺についてのドラマで、その理由がアメリカの色が濃いものの
現代あるあるといった内容で・・
まぁそれを取り巻く真相を追求していって
且つ恋愛要素もある、切ないストーリとなっている。

実はこのドラマの制作総指揮者はセレーナ・ゴメスなのです

そして今年、シーズン2が最近公開されました。僕はまだ観ていませんが)
表向きは、このドラマのテーマに沿った歌詞ですけれども
彼女曰く、この曲はかなり特別な曲 という事から、
単にドラマのためだけに作られた曲ではないことが示唆され、
彼女を取り巻く恋愛事情をも表現されていることがわかります。
とはいっても、過去の彼女の曲も、恋愛事情満載でしたが・・


とはいえセレーナ・ゴメスじゃなかったら、この歌のこの歌詞は
世界中に響かないし、納得もしてもらえない・・・


それだけに、彼女の『らしさ』が詰め込まれたこの歌の魅力を
語りたいと思います。

まずは歌詞をどうぞ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


Took you like a shot
Thought that I could chase you with a cold evening
Let a couple years water down how I'm feeling about you

And every time we talk
Every single word builds up to this moment
And I gotta convince myself I don’t want it
Even though I do


You could break my heart in two
But when it heals, it beats for you
I know it's forward, but it's true



※サビ  -----------------------------------------
I wanna hold you when I'm not supposed to
When I'm lying close to someone else
You're stuck in my head and
I can't get you out of it
If I could do it all again
I know I'd go back to you

I know I'd go back to you
I know I'd go back to you
---------------------------------------------------



We never got it right
Playing and replaying old conversations
Overthinking every word and I hate it
'Cause it’s not me
And what’s the point in hiding?
Everybody knows we got unfinished business
And I'll regret it if I didn't say
This isn't what it could be


 
You could break my heart in two
But when it heals, it beats for you
I know it's forward, but it's true



※サビ くり返し



I'd go back to you
I'd go back to you
What was there wasn't sure
But I'd go back to you
I know I'd go back to you

 

You can break my heart in two
But when it heals, it beats for you
I know it's forward, but it's true
Won't lie, I'd go back to you
You know, my thoughts are running loose
It's just a thing you make me do
And I could fight, but what's the use?
I know I'd go back to you


※サビ くり返し

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】


あなたの飲んでいる姿が好きだったわ
思うの、寒い夕暮れでもあなたを追いかけれたと
2,3年程涙したわ、
私があなたの事をどんな風に感じているか

毎回私達は話したね
どんな言葉も瞬間的に出てきたしね
まぁ例え私が過去に戻りたいとしても
自身、それを望まないと納得しなければいけないか・・


あなたなら、私の気持ちを引き裂くことがきるかも・・
でもそれが癒えた暁には、あなたの為に気持ちが傾くよ
都合いいことだっていうのはわかってる、でも真実なの



※サビ---------------------------------------
あなたに近づけないって時こそ抱きしめたくなる
誰かのそばで横たわっている時こそ
あなたは私の頭の中にずっといるわ
そしてそれを離す事ができないの
もし、もう一度やり直しができるのであれば
わたしはあなたの元へ戻るわ

あなたの元へ
あなたの元へ

---------------------------------------------




本来、私達は決して良い感じとはいえない
何度も過去話を持ち出してきたりしてさ
意味深な言葉に考え込んで、そんな私嫌だ
だって私らしくないんだもの・・
この問題の落とし所は何なのか?
終止符が打たれてないことは皆が知っているわ
しっかりと伝えなきゃ後悔するだろうな
こんなはずではなかったなぁ


あなたなら、私の気持ちを引き裂くことがきるかも・・
でもそれが癒えた暁には、あなたの為に気持ちが傾くよ
都合いいことだっていうのはわかってる、でも真実なの



※サビ くり返し


わたしはあなたの元へ戻るわ
何が真実じゃなかったのか
でも、元へ戻るわ
わたしはあなたの元へ戻るの



あなたなら、私の気持ちを引き裂くことがきるかも・・
でもそれが癒えた暁には、あなたの為に気持ちが傾くよ
都合いいことだっていうのはわかってる、でも真実なの
嘘ではないの、あなたの元へ戻るわ
知っての通り、私の考えはグダグダよ
それはあなたがそうさせたってのもあるわ
言い争うこともできた、けれど何になる?
わたしはあなたの元へ戻るの


※サビ くり返し


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?

この曲は、実際ドラマの公開前にリリースされたので
多くの方は、ドラマとの関連性の前に
セレーナの恋事情についての憶測が飛び交いました


そして多くの方はこの歌の矛先は
『ジャスティン・ビーバー』にあると確信しています。

それは僕も同じように直感しました。

和訳していくと、感じるのが、
いかにセレーナは恋のことで悩んでいるか  です。


2人は、何度も復縁をくり返しました。
ジャスティンの方も恋についての音楽を出していて
その中の一つに【Love Yourself】があるのですが
自身のブログでその曲を説明しているので
よかったらこちらも読んでください。
■Love Yourself ■Justin Bieber (ジャスティン・ビーバー)【歌詞・和訳】
↑気になる方はクリック

実はその後も寄り戻ったりしたのですが、
やはり長くは続かず・・・
2018年の3月の時点では
お互い別のカップルが報道され


2人の関係はきっぱり破局したとの報道もされました。


復縁をくり返していても仲睦まじかっただけに
びっくりした矢先でのこの音楽のリリースです。


歌詞の中のサビの最初の1行目の葛藤が
特に考えさせられます。

サビ特有の盛り上がる曲調とは一線を画す
静かな曲調で
『離れているときこそ抱きしめたくなる』
言っています。


ストンと心に入っていくこのサビの始まり・・・
続けざまに、『今の彼氏と寝ている時こそ』
という意味にとれる衝撃の内容とともに

こんな穏やかに核心を語るセレーナに
脱帽しました。

まぁ実際、ドラマ挿入歌という建前なので
セレーナの気持ちですよ とは必ずしも当てはまりませんが

ですがおそらく多くの人が、セレーナの今彼や過去彼と
ジャスティンとを天秤にかけてると捉えたでしょう。

過去にも、恋愛のついて音楽で伝えていた彼女ですから。

本来なら、炎上する勢いの問題発言のようにも思います
ですが、実際は共感してる人が多く
核心を穏やかに歌う優しい伝え方で
良い意味で不意を突かれた感じすらします。

ここにとても彼女らしさを感じます。


セレーナ・ゴメスは海外では知らない人はいないってレベルの
大物女優です。テイラースイフトと親友関係でもあります。

どうして大物なのか、それは周りとの接し方がとても上手で
ファンを大切にし、子供が大好きという性格
だからです。

そうゆう性格は慈善活動にも表れていて、
ユニセフ親善大使に選ばれるほどなのです。

女優として、歌手として、そして人としてもすばらしいのです。
そしてかわいい顔立ちもあり、つまりは完璧といえるのに
この歌のように、恋愛では非常にうまくいきません。

その、恋愛において誰でも葛藤するような、
恋愛のタブー(二股)ともいえる域にセレーナでものめりこみ
それを隠すこと無く、歌にして伝える彼女が
とても身近な存在として共感してしまうのです。

それには、おそらく彼女の決して完璧という鎧を
まとわない
『人間らしさ』『人間くささ』
が出ているから
だからではないでしょうか。

そばに素敵な男性(女性)がいて、現状満足しているはずなのに
どこかでふと、前の彼氏(彼女)を思い出してしまう感覚・・・



ブログを見ているあなたもあるでしょう?(*-ω-*)

浮気・・二股・・いろんなネガティブな言葉があり、
それが悪として、現代の世の中をはびこっていますが

という一文字で考えれば、
そこに善も悪もありません。

恋愛は時として理性すらも狂わせます。
ですが、本能という言葉に置き換えれば、
至極普通の事だったりもします。

もちろん、それで当事者が納得するかは別ですが・・
少なからず、動物の世界はこの本能ルールが絶対です。


だから、セレーナの気持ちは
表向きは理解し難いけど
だけど ほんとは
すっごいわかる
という矛盾に近い大多数の共感があるのです。

表向きを綺麗にしたがるのが人間の常
しかしながら、この歌はきれいごとを取り除き
裏の部分、つまりは真実と向き合っています。

表向きの表現に対して、表向きで答えるのが
エチケット
だとすれば、今回の歌は
本性に対して、本心で共感する
素の反応
ということなのです。

理性と秩序ありきで、この世の中はうまく回っています。
ですが、恋愛においてはこの限りでは無いことを、
リスナーの反応が物語っています。

プラスして曲調が本当に素敵だと思いました。
無駄にかざらない音楽で
言葉の内容が、心にすうっと入っていくのです。


この歌の本質は、
寄り戻りたいと願うものの、
答えが見つからないという現状の歌
です。

そして、答えがわからないという意味合いが、
ドラマの内容とリンクしています。

冒頭でいいましたが、
②番目の歌詞の『what’s the point in hiding?』
直訳すれば【隠れたポイントは何?】ですが、
つまりは、解決の糸口と当てはめて
『叶うための落とし所はなんだろう?』
とさり気なく、恋愛とドラマに掛けて伝えています。

さりげない部分ですが、非常に重要なメッセージなのです。
ここにドラマへの興味がわいてきますね(*^^*)

そして、意図としてかはわかりませんが、
歌詞に【Love】という単語が入っていないのも気になります。
単に恋愛要素としての歌では無いという
含みもあるのですかね。
俄然興味が湧いてきます(^o^)

ここからは僕個人の意見ですが、
やはりジャスティンとセレーナには幸せになってほしくて、
結果2人が手をつなぐ仲に戻ったらなぁ・・とは思っています。

セレーナは難病である病気も患っていたことがあり、
それの副作用による、情緒不安定な一面もあります。

その間は一時期活動を休止していましたが、
去年あたりから活動の露出を増やしていきました。

そしてまた元気に、歌手やドラマ指揮官や女優で頑張り、
ファンや子どもたち、たくさんの人に幸せを届けています。


今後も活躍を願っていますし、
それ以上にプライベートでの彼女自身の幸せも願わずには
いられません。


そんな彼女が指揮した
NetFlixオリジナルドラマ
『13の理由』のシーズン2は、
2018年5月より公開されています。

興味ある方は是非観ましょうね\(^o^)/


FullSizeRender


※ゴメちゃん【Selena Gomez】セレーナ・ゴメスのかわいい画像が見たい一心で作ったページ
★新曲【Back To You】より抜粋 ※和訳有り

↑※今回のPVよりかわいいセレーナの画像を抜粋しました。
特別おまけページです  気になる方は↑クリック




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


《この歌だけを信じたら、彼女はさぞかし悪い女だったのだろう・・・でも実際は》



日は、世界中で圧倒的な支持を持つ
【Justin Bieber】の曲を紹介します。

曲を知らない人でも、彼の名前くらいは知ってるって方も多いはず。
ですので、あまり詳しくは彼の事を説明しませんが、
"カナダ出身で、とても女性から好かれるミュージシャン"とだけでも、
簡単に紹介しておきます。

過去にもたくさんの女性との交際がスクープされていて、
それだけに、トラブルも頻繁にあった彼ですが、
その中でも、切っても切れない仲である、
【Selena Gomez】セレーナ・ゴメスという女性ミュージシャンは、
今後もジャスティンの話題にはセットで掲載されていくと思うので、
知らない人は、この二人をセットで覚えてくださいね♪



さて、本日紹介する曲は【Love Yourself】といいます。
直訳すると【愛しなよ、あなた自身】という、なんとも意味深な言葉になります。


歌詞を見せる前に、ネタバレしてしまって申し訳ないのですが、
明言こそ避けていますが、
この歌の歌詞は、ジャスティンがセレーナに詩越しに伝えたいメッセージというのが、
有力視されています。



この2人、実は何度も付き合っては別れの繰り返しをしていて、
今度こそきっぱりと別れようと伝えるビーバー側の気持ちを綴った詩です。



この2人の関係には、まだまだ話したいことがあるので、
歌詞を紹介した後に掘り下げていきたいと思います。


この歌は、聞く側のとらえ方によって、180度考え方や思いが変わります。
ジャスティンのメッセージを伝える調に翻訳してみましたので、
動画と一緒に見てくださいね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


For all the times that you rain on my parade

And all the clubs you get in using my name

You think you broke my heart, oh, girl for goodness' sake

You think I'm crying on my own. Well, I ain't

 

And I didn't wanna write a song

'Cause I didn't want anyone thinking I still care.

I don't,But you still hit my phone up

And, baby, I be movin' on

And I think you should be somethin' I don't wanna hold back,

Maybe you should know that

 

My mama don't like you and she likes everyone

And I never like to admit that I was wrong

And I've been so caught up in my job,

Didn't see what's going on

But now I know,

I'm better sleeping on my own

 

※サビ -------------------------------

'Cause if you like the way you look that much

Oh, baby, you should go and love yourself

And if you think that I'm still holdin' on to somethin'

You should go and love yourself

--------------------------------------

 

And when you told me that you hated my friends

The only problem was with you and not them

And every time you told me my opinion was wrong

And tried to make me forget where I came from

And I didn't wanna write a song

'Cause I didn't want anyone thinking I still care.

I don't,But you still hit my phone up

And, baby, I be movin' on

And I think you should be somethin' I don't wanna hold back,

Maybe you should know that

 

My mama don't like you and she likes everyone
And I never like to admit that I was wrong

And I've been so caught up in my job,

Didn't see what's going on

But now I know,

I'm better sleeping on my own

 

サビ 繰り返し

 


For all the times that you made me feel small

I fell in love. Now I fear nothin' at all

And never felt so low when I was vulnerable

Was I a fool to let you break down my walls?

 

 

サビ 繰り返し

 

サビ 繰り返し

 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】 

ずっと君は僕の邪魔をしてくるね

そして、クラブで僕の名前を利用していたね

君は、僕が失望して別れたと思ってる、いや頼むよ

僕は悲しんでると思ってるようだけど、そうじゃないんだって

 

 

そしてこの詩は書きたくなかった

僕がまだ気にしてるって誰にも思われたくなかったからね

僕はしない、けど君はまだ僕に電話してくるね

そしてさ、僕は前を向いている

君もそのようにするべきだと思う

僕はこのしがらみを断ちたいんだ

君も理解するべきじゃないかな

 
僕のママは君のことが好きではない

ママは誰でも好きになる人なんだけどね

僕が間違ってたとは、決して認めないよ

ただ、僕は仕事で忙しかった

しっかりと把握できていなかったんだよ

でも今はわかるよ、一人で寝ているほうがずっと良い

 

※サビ----------------------------------------

もし君が、自身の見た目が好きでいるのならさ

君自身の事を愛するべきじゃないかな

僕がまだ君を離さないと思ってるのだとするなら

そうじゃないよ

君は自分自身を愛しなよ

----------------------------------------------

 

君は言ったよね、僕の友達の事が嫌いだって

問題は友達じゃなくて君だったよ

いつも君は、僕の意見は間違っていると言ったよね

僕自身を混乱させようとしていたね

 

そしてこの詩は書きたくなかった

僕がまだ気にしてるって誰にも思われたくなかったからね

僕はしない、けど君はまだ僕に電話してくるね

そしてさ、僕は前を向いている

君もそのようにするべきだと思う

僕はこのしがらみを断ちたいんだ

君も理解するべきじゃないかな

 

僕のママは君のことが好きではない

ママは誰でも好きになる人なんだけどね

僕が間違ってたとは、決して認めないよ

ただ、僕は仕事で忙しかった

しっかりと把握できていなかったんだよ

でも今はわかるよ、一人で寝ているほうがずっと良い

 

 

サビ 繰り返し

 

 

ずっと僕は君に肩身の狭い思いをさせられた

僕は恋に落ちた、今は怖いものは何もないけどね

僕が傷つきやすかった時も、

僕が気分が沈んていたなんて決して感じなかった。

心の壁を壊す君を受け入れた僕が馬鹿だったのかな?

 

 

サビ 繰り返し

 

サビ 繰り返し


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?

今日は英語的な要素は、詳しく解説するつもりはありませんが、
最初の文だけは、ちょっと例え要素が入っているため説明します。

■For all the times that you rain on my parade

出だしの歌詞です。

これは直訳すると、
『ずっと君は僕のパレードに雨を降らす』
となります。

なんだか文章がおかしいですよね。
それは、これは比喩表現だから。

自分が主催したお祭りで、天気があいにくの大雨になったら、
最悪中止になって、とっても残念ですよね。。。


この文章は、
嫌な気持ち・残念な気持ちになる
という意味合いを伝えるための比喩表現だと思ってください。

日本語にもありますよね
『相手の顔に泥を塗る』的な

これって実際に本物の泥を塗るわけではないのと同じように、
上記の歌詞にある『雨を降らす』という表現も、
実際には降らしてはいません。

そんな感じで理解していただけたらと思います。



それでは歌詞について、少し個人的な解釈も交えて
説明したいと思
います。


この歌詞を所見てみると、いかにもってくらい
ジャスティンが恋愛の被害者で、彼女が悪者のような歌詞に仕上がっています。

この二人が別れた後に、この歌はリリースされました。
歌詞をそのまま受け止めると、
ジャスティンは、彼女にいいように利用されたみたいな表現があり、
ジャスティンの母は、人を嫌うタイプではないのに、
彼女の事だけは好きになれないようです。

彼女との交際によって、いろいろ憔悴したけど、
今は自分は、立ち直ったし前を見ている。
君は外見を気にしてるようだから、
いっその事、自分自身と付き合っちゃえばいいじゃん。



このような内容を、この歌に綴っています。


まぁ、見て分かる通り、
完全に個人的な内容の歌詞です。


ぶっちゃけ、本人に直接言えばいいじゃん
って感じの歌詞なのですが、
あえて歌にするところが、ジャスティンらしいところでもあります。


表向きは、ジャスティン自身は、この恋愛については完全に決着がついて、
ジャスティンは、新しい道へ一人で前進しているという内容を、
彼女ではなく
リスナーに伝えている歌です。
そして、おのずと彼女を悪として記憶に植え付けさせてしまう歌。。。


ここからは僕自身の解釈でお送りします。根拠はないですからね

なんともうまい手口だなぁ・・・・と その一言に尽きます。
どこら辺がというと、やはりこのジャスティンの一方的な気持ちを、
詩で伝え、世界の同情を誘うところですかね・・

ちょっと心理的な事情に長けている自分の視点からすれば、
これはジャスティン自身が憔悴していたのは間違いありません。

そして、きっとこの歌ができた時も、現在進行形で情緒不安定だったのだと思います。
詩というものは、こうゆう時によく言葉が生まれてくるものです。

不安定な時は、他者をいたわる気持ちが薄れるため、
彼女に対して一方的に、悪いところだけを綴っている所が、
ジャスティンの気持ちが大分乱れていることがうかがえます。

言葉では、なんとでも言えます。
ジャスティン自身は、前進している内容で書かれていますが、
どちらかというと、それは願望で、歌にして世界に決意表明している風にも感じます。

まぁ裏を返せば、そうしてまでなんとか、
彼女とのしがらみを断ち切りたかったのではないでしょうか。




セレーナとジャスティンは、何度も復縁を繰り返していただけに、
ジャスティンが彼女を本気で悪く思うはずが無いはずなのですよ。


だから、この歌を作った時のジャスティンは、歌詞とは全く逆で、
彼女を振り切っても、前進しているわけでもなくて、
むしろ願望として、この歌で決意表明を世界のリスナーにした
という意味合いが、僕の中でしっくりきます。



ここまで彼女を悪役にしている割には、
歌の音楽や歌い方に優しさが感じられます。


そしてPVに至っては、言葉を交わさずとも、
息の合った男女を表現している動画。

私自信が感じた、歌詞と歌の違和感。


この違和感は、すなわちジャスティンの心の違和感。
不安定な時は、自分の状況を把握できないですよね。


僕が感じた結論は、
ジャスティンは、
彼女の事を嫌いになろうと必死になっているけど、
心の奥底では、きっとセレーナの事が
忘れられないんじゃないのかなぁ・・・

という事です。

いわゆる
【ケンカするほど仲がいい】
ってやつじゃないのかなぁ・・(*'')


あくまで、僕の視点ですからね('ω')ここ大事ですよ



最後に1つ、僕はこの歌が大好きです。
きっと上記で言っていた違和感が無ければ、
おそらく、記憶にも残らなかった歌でしょうが。

大好きと思える理由は、
歌詞でさんざんキツく言っている割には、
歌い方の表現が温かいからです。


ここにとっても人間らしさを感じます。


ジャスティンが意図としてこうゆう風に感じさせて作った歌なら、
もう脱帽するしかありませんがね(笑)

PVは最初見ると、超わけが分からないかもしれませんが、
どこかしらジャスティン本人にセレーナへの優しさと願望がつまったように感じるのは、
僕だけではないはず★


2人の今後に注目です。
僕的には、一番お似合いの2人だと思います。


・・・・・ということで、本日も長かったですね。
個人的な解釈なんで、真に受けないでくださいね(^-^; でわでわ 

※2018年6月更新
↓セレーナ・ゴメスによる、ジャスティンへの想いのソング↓
※必死に答えを探している切ない曲 ■ Back To You ■ Selena Gomez セレーナ ゴメス 【歌詞・和訳】 海外ドラマ『13の理由』挿入歌  ←クリック

   
    


image


ペイントのアプリを変えて練習中です
加えて男性の描き方も練習中です


知り合いの方に描いていただきました!
これ手描きですよ。すごすぎる(*'▽')




にほんブログ村





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ