【Lyric Art】リリックアート 洋楽の歌詞・和訳解説 (*´∀`*) フリートーク有り

※2018・5.21※ 【ブログ名変更しました】
 [過去ブログ名] zuzurelliの洋楽歌詞の和訳と擬人化のブログ
ここでは、主に洋楽の紹介や、歌詞の翻訳を行っています。
また、個人的に大好きなCimorelliというグループを紹介しています。
あと、洋楽の紹介と同時に、直感的にイメージが沸いた絵を掲載しています。   
その日の気分により、絵の画風が変わりますが、 ぬるい目で見守っていただけたらと思います・・

Tag:癒し

image


♪うふふ♪

★ライブドアブログで記事更新をして317日目★

5月2日に、1つの節目である
10万閲覧の雲を突破することができました!


あたりまえですが、皆さまあってのブログです。
度々いただくメッセージや評価クリック等を見て、

次は今以上に良い記事を、音楽を
と思って作成してきました。



ブログ立ち上げ時は、1年前の5月後半ですから、
なんとか1年以内に、この大台を突破することができました。

10000up4ok


この画像は、1万閲覧突破した際の記念の画像です
この時は去年の10月1日に突破しました。
立ち上げから4カ月ちょっとで1万アクセス。

そして今回は、その10倍のアクセスを、
7か月後のこの度、突破することに成功しました★



立ち上げ当初は、1日10閲覧とかだったんですけど

『継続は力なり』
『塵も積もれば山となる』
『好きこそものの上手なれ』


こ~んな格言を柄にもなく信じていた結果が、
今回につながった気がします。

ともあれ、これは皆さまが、
興味を持ってくれて閲覧してくださった結果ですので、
自分だけの力とは、とてもいえません。


今後も、変わらず
洋楽の和訳や外国の記事を載せていきたいと思います。

あとはイラストね★

まぁ、このブログの特徴は
【唯一無二の洋楽イラストサイト】
です。

この個性を、ひとつの武器にして、
今後もイラストを続けていきたいと思います。

最近、新しいペイントの使い方にも慣れて来たので、
さらに興味を惹きつけれるようなイラストを作り上げたいと思います。
※あ、でもイラスト手伝ってくれる方も募集中です(笑)


最近は、ライブドアの洋楽ブログランキングでも5位以内をキープしています。
別にランキングでトップを取ることが目標ではありませんが。

順位化されることによって、
モチベーションが上昇し、更に頑張ろうという気持ちになります。




10月の1万閲覧突破の際も言いましたが、

今後(夏以降)知り合いの外人さんを巻き込んで、
いろいろ動画をお送りできればと思っています。



ですので、どうぞ今後ともお付き合いいただけたら嬉しいです。


皆さんの為になる情報、知識をお伝えできるように、
日々頑張っていきますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします(*'ω'*)

----------------------------------


次はもちろん100万アクセスという大きな雲を目指します

・・・ということで、雲にちなんだこの曲紹介します。



イタリアの作曲家兼ピアニストである
【Ludovico Einaudi】 ※ルコヴィド エイナウディ と読みます。
が作曲した音楽
【Nuvole Bianche】 ※ヌヴォーレ ビアンケと読みます
という音楽です。


ピアノ演奏曲ですので、歌詞はありません。
ですが、曲タイトルの意味は【白い雲】です。



さて、この雲を突き抜けるのはいつになるのでしょうか・・・

それでは、本日も見てくれた方、ありがとうございました(^^)/







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ろいろ考えさせられる音楽行きます!

本日紹介する曲は、Jason Mrazの魂の音楽です。
なんとなく聞いたことある方も多いんではないかと思います。

この曲を聴いていると、彼の歌い方に圧倒されます。

この歌には、彼のとある出来事があったのがきっかけで、できた歌らしいです。

曲タイトルのI Won't Give Up は 【僕はあきらめない】という意味です。
さて、なにをあきらめないのでしょうか?

まずは聞いてみて、その雰囲気を肌で感じてみてください

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


When I look into your eyes
It's like watching the night sky
Or a beautiful sunrise
There's so much they hold

And just like them old stars
I see that you've come so far
To be right where you are
How old is your soul?

I won't give up on us
Even if the skies get rough
I'm giving you all my love
I'm still looking up


And when you're needing your space
To do some navigating
I'll be here patiently waiting
To see what you find

'Cause even the stars they burn
Some even fall to the earth
We got a lot to learn
God knows we're worth it
No I won't give up

I don't wanna be someone who walks away so easily
I'm here to stay and make the difference that I can make
Our differences they do a lot to teach us how to use
The tools, the gifts we've got yeah we got a lot at stake

And in the end, you're still my friend at least we didn't tend
For us to work we didn't break, we didn't burn
We had to learn how to bend without the world caving in
I had to learn what I got, and what I'm not
And who I am

I won't give up on us
Even if the skies get rough
I'm giving you all my love
I'm still looking up

I won't give up on us
God knows I'm tough enough
We got a lot to learn
God knows we're worth it

I won't give up on us
Even if the skies get rough
I'm giving you all my love
I'm still looking up

No I won't give up
No I won't give up

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】

あなたの目を見ている時
それはまるで、夜空を見ているようだ
または、美しい朝日のようだ
そこには、もっとたくさんあるんだ

そして、古い星のように
僕は遠くから君を見るんだ
君は正しい所に導くために
君の魂は何歳だい?

僕は、僕らはあきらめない
たとえ空が荒れようが
僕は、目いっぱいの愛を君にあげるんだ
僕は、まだ上を向いている


あなたが、自分の道を探るための
居場所を必要としているとき
僕はずっと、ここで待ってみせるよ
君が探したものを、見るために

だって、星が燃え尽きて
地球に降り注いできたとしても
私たちは、たくさんの事を学んだから
私たちは、それに立ち向かえることを
神は知っている
僕は絶対あきらめない

僕は、簡単にあきらめるような人間になりたくない
僕は、ここで違う自分に生まれ変わりたいんだ
僕たちは互いに違う、だからこそ教えあい、
道具を駆使するんだ
それが私たちが、危機から得た贈り物なんだ

そして最終的に、僕らはまだ友達でいられるんだ
壊すことも、燃やすことも、僕らはしなかった
僕らは学ばなければいけなかった。世界を変えるにはどうすればよいか
僕は学ばなければいけなかった。
自分の持っているもの、持っていないもの
そして自分はどんな人間かを

僕は、僕らはあきらめない
たとえ空が荒れようが
僕は、目いっぱいの愛を君にあげるんだ
僕は、まだ上を向いている

僕は、僕らはあきらめない
神様は知っている、
僕はたくさん我慢できるんだ
僕らは多くを学んだ
私たちは、それに立ち向かえることを
神は知っている

僕は、僕らはあきらめない
たとえ空が荒れようが
僕は、目いっぱいの愛を君にあげるんだ
僕は、まだ上を向いている

あきらめないよ
絶対にあきらめないんだ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

実は、彼はこの曲を作っている最中に、自殺を考えていました。

彼の音楽活動は、特に問題が無く順調だったんですけどね。
ただ、それと幸せは必ずしも比例しないということだったんでしょうか。

自暴自棄になった彼の、最後の手段は自殺願望だったということです。

そんなどん底な気分の時に、作詞したのがこの曲らしいのです。

何をあきらめないと言っていたかというと、どうやら生きることだったようなんですよね。

歌詞だけとらえると、実際あきらめたくないものが何なのか、
結構やんわりとした表現になっていますが、
彼の、この曲ができた当時の状態を知ると、歌詞の魂の叫びがとても伝わってきます。

どんな困難が、目の前に立ちふさごうとしても、
僕は何とかして切り開いて見せる!

こんな雰囲気が僕には伝わってきました。

最初は穏やかに、静かに歌っていたのに、途中から胸に響くように高らかに歌いますよね。
僕にはまるで、生命が宿ったかのように感じます。

みなさんは、どんなふうに感じたでしょうか?

本日も読んでくれた方、ありがとうございました★

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ