【Lyric Art】リリックアート 洋楽の歌詞・和訳解説 (*´∀`*) フリートーク有り

※2018・5.21※ 【ブログ名変更しました】
 [過去ブログ名] zuzurelliの洋楽歌詞の和訳と擬人化のブログ
ここでは、主に洋楽の紹介や、歌詞の翻訳を行っています。
また、個人的に大好きなCimorelliというグループを紹介しています。
あと、洋楽の紹介と同時に、直感的にイメージが沸いた絵を掲載しています。   
その日の気分により、絵の画風が変わりますが、 ぬるい目で見守っていただけたらと思います・・

Tag:EDM

  早すぎるAvicii の死・・・
あまりにも衝撃的なニュースに世界中の人たちが悲しみに包まれています


【もし時間を戻せるならばこの曲のこの歌詞を届けたい】

※残念ながらこの曲にPVは存在しないようです


管理人zuzurelliはAviciiが好きで、彼の歌詞に関しては
かなり熱く、説明、語り、そして伝えました
だからこそ、一連のニュースに驚きと悲しみを隠しきれません。

今から紹介する曲は、実際にはAviciiには関連性が無く
まだ有名とはいえないシンガーソングライターの女性が歌ったものです。

しかも、最新の曲というわけでもありません。

そんな彼女の名は
【Lauren Aquilina】ローレン・アキリーナ と発音します。
彼女はイギリスのシンガーソングライターで、2011年から活動していますが、
2016年以降は活動を停止している模様です。

そんな彼女の先駆けの曲であるこの【King】という曲は、
僕がAviciiが生きているうちに伝えたかった想いが
この歌詞にリンクされていて、とても目頭が熱くなってしまいます。

優しい歌声にこめられているのは、
相手を鼓舞し、迷いの払拭を願った
すばらしい人生の応援歌なのです。


Aviciiは何かに悩んでいたのは間違い無く、
仕事の多忙さによる、人生への悩みと健康の問題もあったようで、
心身がぼろぼろだったというのは、後になってわかってきています。

皮肉なものです、彼はEDMやDJ界ではもはや神の領域の存在です。
ですが結果としてそんな音楽の才能が彼の寿命を短くしたといっても
過言ではありません。

結果自殺という、一番悲しい結末をたどってしまった彼ですが、
もし彼に相談できる相手、相談できる時間があれば
少なからず、最悪の道には進まなかったのではと思っています。

もし彼が人生のビジョンに悩んで、追いつめられて
この世を去ってしまったのでしたら、
せめてこの曲を生前に聞かせたかったという、
私自身の想いがこめられたこの曲のメッセージを、
この度は皆さんに共有しようと思い、紹介したいと思います。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


You're alone, you're on your own, so what?
Have you gone blind?
Have you forgotten what you have and what is yours?
Glass half empty, glass half full
Well either way you won't be going thirsty
Count your blessings not your flaws


※サビ------------------------------
You've got it all
You lost your mind in the sound
There's so much more
You can reclaim your crown
You're in control
Rid of the monsters inside your head
Put all your faults to bed
You can be king again
---------------------------------------


You don't get what all this is about
You're too wrapped up in your self doubt
You've got that young blood, set it free

You've got it all
You lost your mind in the sound
There's so much more
You can reclaim your crown
You're in control
Rid of the monsters inside your head
Put all your faults to bed
You can be kingvv


There's method in my madness
There's no logic in your sadness
You don't gain a single thing from misery
Take it from me

You've got it all
You lost your mind in the sound
There's so much more
You can reclaim your crown
You're in control
Rid of the monsters inside your head
Put all your faults to bed
You can be king



※サビ くり返し

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
和訳】


君は孤独で誰も助けてはくれない、だからって何?
周りが見えなくなった?
君は忘れたの?自分が持っている能力、そして君が何なのか?
足りないとはいわずとも満たされない、半々のグラスの水
まあどちらにしても、君の喉が渇くことはないのだろう
君の欠点を数えるよりもさ、君の祝福を数えようよ



※サビ--------------------------------
君のいう通りさ
君は音によって自身の心念を失ったんだ
そのようなことはいろいろあるさ
でも君は冠を取り戻すことができる
君はコントロールするんだ
頭の中のモンスターを追い払い
弱点や欠点なんかベットに寝かせてさ
君は再び王になるんだ

-------------------------------------------


君はこれらについて何も知らない
君も自身の疑問に包まれている
とはいえ、君は若い血を持っている、故に自由だ

君のいう通りさ
君は音によって自身の心念を失ったんだ
そのようなことはいろいろあるさ
でも君は冠を取り戻すことができる
君はコントロールするんだ
頭の中のモンスターを追い払い
弱点や欠点なんかベットに寝かせてさ
君は王になるんだ


私の狂気には理由付けがあるけど
君の悲しみにはそれがないんだ
君は悲しみから一つとして得ることはしない
信じて 私を

君のいう通りさ
君は音によって自身の心念を失ったんだ
そのようなことはいろいろあるさ
でも君は冠を取り戻すことができる
君はコントロールするんだ
頭の中のモンスターを追い払い
弱点や欠点なんかベットに寝かせてさ
君は王になるんだ


※サビ くり返し


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

・・・・いかがでしたでしょうか。
とりあえず一旦はAviciiとの関連性を忘れて、
この曲を作ったローレンの歌詞の本来のメッセージを
和訳してみました。


この曲はゆっくりで、単語が結構ひとつひとつ区切られて
発音し、歌われているため、
英語の勉強や発音練習にも役立つ曲だとも聞いて感じます。

さて、彼女はこの歌詞をどういう思いで作られたのでしょう。

まず、一度聞いて気づくことがあります。
それは、たくさんYouという単語が出てくる事です


実はこの曲には、人生に悩んだ男性がいることが前提として、
彼を歌詞上でYouとして作られています。


この歌詞上で主人公として存在しているYouは、
可もなく不可もなくといったような、
突出したような個性は無く、だからといって、
悪目立ちもしないような性格なんでしょう。


歌詞の冒頭の5行で、うまく遠まわしに
それを説明しています。

↓歌詞↓
君は孤独で誰も助けてはくれない、だからって何?
周りが見えなくなった?
君は忘れたの?自分が持っている能力、そして君が何なのか?
足りないとはいわずとも満たされない、半々のグラスの水
まあどちらにしても、君の喉が渇くことはないのだろう


面白いですよね
特に4行目と5行目の表現が、僕は大好きです。

英語表記は
Glass half empty, glass half full
直訳は
足りなくは無い半分の水
満たされない 半分の水


Glassとは、ガラスのコップに注がれた水という意味です。

これは、彼の能力を比喩表現として歌詞にされています。
つまりは可もなく不可もなく・・・・普通といったところ。
偏差値は50です。

そして5行目、のどが渇くことが無いというのは、
飽くなき欲求や、向上心が無いということです。

偏差値50の草食系男子?ですかね・・
今時の若い人にあてはまる方は多いのではないかと思います。

ですが、そんなYouにあたる男性は、
そんな自分に悩んでいるようです、どうもネガティブ思考のようです。


そんな彼に対し、悪いところは見ないで、
自分の良いところを探していって向上させればいいじゃん!
って感じで、鼓舞し応援しているのです。

サビはまさにそんな感じです。
そんなネガティブな彼に、
頑張れっ
て言っている歌詞なのです。


比喩表現が素敵です。
欠点や弱点はベッドに寝かせるという表現は、
ネガティブ要素にはおやすみしてもらうという意味合いがあって、
つまり、さよなら バイバイというような、決別の意味があります。

そして、曲のタイトルにもなっている
【King】
直訳は、王様です。

You can be king again

サビのラストの歌詞がとても素敵です。

君はふたたび王様になれる


こんな風に誰かに応援してもらえたら、
男性としてどんなに嬉しいことでしょう。


王様という言葉も実際は比喩表現です。


王様と介して、
人生の主人公
はたまたスーパーマン
強き男性


など、たくましさを願った意味合いをこめてKing
ひとくくりにして表現しています。

つまりは、素敵な男性になってね・・・・と。


この音楽は、要約すると、
落ち込んだ男性に対し、彼女か友達が
応援して励ましている曲なのです。


とくに男性側が傷つくような言い方をしない、
優しく包み込む音楽と言葉のかけ方が、
実に心地よいです。


男性ならこの気持ちはとてもよくわかると思います。

この曲の最大の注目するべきところは
つまりは男性を想う一途な女性像だったりします。



優しさというのは、どんな時にでも必要というわけではありませんが、
優しさを最後まで受けれないまま、知らないまま育った人というのは
第三者の目線から見れば、
とても悲惨で、通常ではありえないような境遇の生き方をしている
人がほとんどです。これは世界共通です。


********************

ここから、Aviciiの件にもどりますが、
自殺をするに至ったというのは、想像するだけで、
悲しく感じます。

といいますのも、自殺というのは簡単な意思では実行できないからです。
僕だって考えたこと無いわけではありません。

ですが、当然実行に移したことなど無く、今となってはどうして自殺なんて
考えた時期があったのだろうと思うほどになっています。

自殺するにあたるタイミングというのは、
いろんな、悲しい要素がすべて合わさるという、逆奇跡が起こらないと
発動されないと思います。

例えば、受験で成績が最下位になったとか、よくあるのがいじめですがね。
ですが、1方向のネガティブ要素で人は簡単に自らを終わりにはできないものです。
少なくともあと1方向からの圧力がないと

例えば、成績が最下位で家族にもネガティブなことを言われた。とか
いじめが原因で相談しても、逆に家族に怒られた。等々

つまりは逃げ場がなくなって、人生の居場所が無くなる一時の悪い要素の過渡期が
自殺につながります。

それにプラスして、病気の問題や、薬の性能もプラスされると、
いよいよ逆奇跡の完成です。

本来でしたら、この逆奇跡のタイミングに差し掛かる前に、
優しさを受け取ることができれば、何かのタイミングや
悪い要素が足りなければ、自らの首を絞めるなんて
自虐行為は無いものです。

いろんな悪い要素、タイミング、想い、体、薬

この重なりがAviciiを死に追いやったとしか考えられません。
もし彼が生きていて数年したら、
どうしてあの時自殺なんか考えたんだろうと思うはずです。

しかしながら、逆に言えばそれほどまでに彼は
心身ともに衰弱していたのでしょうね。

生前、一度彼は音楽を引退していましたが、あれこそが彼の本意だったのでしょうね。
復活した際は、世界中で歓喜したのですが、
そういった彼への期待が彼の死を早めてしまったと捉えてしまっても
仕方ありません。


家族の声明に、そっとしておいてほしいとありました。

私たちにできることは、彼の音楽を聞いて、
Aviciiってすごい人だったなぁ・・・と心にしまって
忘れないことだと思います。


奇しくも音楽というのは、忘れにくく心に残りやすいものです。
彼は間違いなくEDM界の【King】でした。

今回紹介した曲解とは、じつは必ずしも
Aviciiにあてはまっているとはいかないものの、

サビ中の
You lost your mind in the sound

だけは、Aviciiに対しての想いで和訳しました。
音によって、彼の心は失われてしまったのです。
彼にとって大好きな音楽によって・・・
皮肉なものですね ;;

ですが歌詞中の男性と違って
どちらかというと、向上心の塊だった彼ですから、
死しても尚、大好きな音楽を天国で
作り上げているような気がしてなりません。


頑張り屋さんですから Aviciiは ^^


そんな彼は天国でも再び【King】になれるでしょうね



~You can be king again!!~




BlogPaint

余談ですが、この曲は世界的に有名とまではいかないものの、
一部のジャンルではちょっと人気な曲となっています。
理由はわかりませんが、この曲のタイトル【King】よりも、
【You can be king again】という曲タイトルだと思っている人が多く
それで検索すると、結構MAD動画として挙がっていたりします。
気になる方は、それで検索して見てみても面白いですよ^^





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


《男女の恋愛における価値観の違いが見事に歌詞化された感動曲です》




え方こそ、アメリカ的だが、
これは男女の恋愛の真髄がわかりやすく歌詞に込められているこの曲。

最近つくづく思います。
世界が好む今の時代のソングスタイルはEDMなのかと。

歌詞は短く、音楽は繰り返し、
ベース音が響くスタイル

これがEDMのスタイル


ですが、これが不思議と耳に残って
且つ、歌詞がみじかく簡素化されている分
覚えやすく、脳内にリピートされていく感じ


歌詞が簡素化されていても、言葉に重みがあって、
これが、今の時代の私たちには、心地よく感じるのかもしれません。


もし、この曲がEDMじゃなかったら、おそらく記憶に残らなかったかもしれない
この曲を紹介します。

繰り返しのスタイルが、僕の脳内に長く残り、
次第に歌詞がとても好きになった曲です。 

タイトルは【Something Just Like This】
日本語にすると【こんな何か】 です。
あまりに抽象的ですよね (°_°)

まぁ実際、歌詞中では、
I want something just like this.
という文になっていますので、
おそらく、短縮した形で曲名にしたんだと思います。

この場合ですと
私はこんな何かが欲しい
と訳せます。まぁどっちにしろ、何が欲しいの!? と思いますが・・

ですが、この抽象的な表現が、この曲を引き立てています。

歌っているのは【The Chain Smokers】
そしてなんと一緒に【Coldplay】も一緒に歌っています。

Coldplayは4人組のアーティストです。

まずは奥が深い音楽をお楽しみください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


I've been reading books of old

The legends and the myths

Achilles and his gold

Hercules and his gifts

Spiderman's control

And Batman with his fists

And clearly I don't see myself upon that list


But she said, where d'you wanna go?

How much you wanna risk?

I'm not looking for somebody

With some superhuman gifts

Some superhero

Some fairytale bliss

Just something I can turn to

Somebody I can kiss


サビ ------------------------------

I want something just like this

Doo-doo-doo, doo-doo-doo

Doo-doo-doo, doo-doo

Doo-doo-doo, doo-doo-doo

Oh, I want something just like this

Doo-doo-doo, doo-doo-doo

Doo-doo-doo, doo-doo

Doo-doo-doo, doo-doo-doo

-------------------------------------


Oh, I want something just like this

I want something just like this

② 

I've been reading books of old

The legends and the myths

The testaments they told

The moon and its eclipse

And Superman unrolls

A suit before he lifts

But I'm not the kind of person that it fits


She said, where d'you wanna go?

How much you wanna risk?

I'm not looking for somebody

With some superhuman gifts

Some superhero

Some fairytale bliss

Just something I can turn to

Somebody I can miss


I want something just like this

I want something just like this


サビ くり返し


Where d'you wanna go?

How much you wanna risk?

I'm not looking for somebody

With some superhuman gifts

Some superhero

Some fairytale bliss

Just something I can turn to

Somebody I can kiss

I want something just like this


Oh, I want something just like this

Oh, I want something just like this

Oh, I want something just like this

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

アルタ マグカップ マルチカラー H10×W10.2(φ8) cm
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【和訳】


たくさん昔の伝説と神話の

本を読んできた
アキレスの強靭さ
ヘラクレスの天賦の才
スパイダーマンのコントロール
バットマンから繰り出されるパンチ
当然ながら、この伝説的なリストに僕は載っていない


でも彼女は言ったんだ、

あなたはどこを目指しているの?
どれだけ冒険したいの?

私は探してなんかないのよ
すごい才能を持った人や

スーパーヒーローとか
おとぎ話的な人なんか・・

私には一緒に夢中になれる何かを

キスできる気分になれる誰かを探してるの

※サビ ------------------------------
私は、こんな何かが欲しいの
私が欲しいのは、そんな【何か】


-----------------------------------------

私は、こんな何かが欲しい
私は、そんな何かが欲しい




たくさん昔の伝説と神話の

本を読んできた
彼らが言った名言

月の光が欠ける時に
スーパーマンが
その服を脱いだとしても
僕にはその服は合わない


彼女は言ったんだ、

あなたはどこを目指しているの?
どれだけ冒険したいの?
私は探してなんかないのよ
すごい才能を持った人や
スーパーヒーローとか
おとぎ話的な人なんか・・

私には一緒に夢中になれる何かを

いないと寂しく思える誰かを


※サビ くり返し 

 

あなたはどこを目指しているの?
どれだけ冒険したいの?
私は探してなんかないのよ
すごい才能を持った人や
スーパーヒーローとか
おとぎ話的な人なんか・・

私には一緒に夢中になれる何かを

キスできる気分になれる誰かを探してるの
私が欲しいのはそんな【何か】なのよ

私は、こんな何かが欲しい
私は、こんな何かが欲しい
私が欲しいのは、そんな【何か】
 


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        

いかがでしたでしょうか?

冒頭でお話ししましたが、
この音楽がアメリカ的という意味は、
この歌詞上に出てくる、キャラクターを指しています。

当然ながら、このキャラクターは世界で人気で、
日本でも当然知られています。
映画もたくさんありますよね。

歌詞上に出てくる、その人物は 、

アキレス
ヘラクレス
スパイダーマン
バットマン
スーパーマン

です!

上2人はギリシャ神話に出てくる
人気トップ2の半神半人の英雄です。


下3人は、映画でご存知の方も多いと思います。
アメリカンコミック上の英雄です。

共通点は
【英雄】そして【強い】ということです。


アキレスとヘラクレスは、名前は知ってても日本では馴染みがないかもしれません。
実は実際の発音が全然違います。

アーキリース
ハーキュリース


こう発音しないと海外ではまず伝わりません。
正直、ヘラクレスに関しては、
なぜ日本ではこのように発音が定着したのか、ちょっと謎です 笑

Hercules

・・まぁスペルの綴りをみれば、
ヘラクレスと呼びたくなる気持ちもわかりますが・・

じゃあこれ↓
Michael

この単語をパッと見て、言葉に出して見てください。
実は、呼び方が複数あるのをご存知ですか?
ヘラクレスもその感覚に似ています。

ちなみに今の名前はミカエル・マイケル・ミシェル・ミハイル等。

まぁ国によってスペルの発音が違うのにも由来していますが、
ヘラクレスが通じるのは、おそらく日本のみだと思います。


次にアキレスですが、彼はギリシャ神話では2番目に有名だと思います。
そして、私たちの体に、この人物に由来する箇所があります。

【アキレス腱】です。

これは、アキレスの母親が、乳児のアキレスを強くしたい思いにより
強靭になれる川に、足だけ掴んで逆さまに川に突っ込ませました 笑

これにより、彼は無敵並みの体になったのです。
そのおかげもあり、数々の強敵に討ち勝っていきました。

ですが、とある場所で、最弱の敵だった相手に、
足を弓で射抜かれてしまったのです。

無敵だったアキレスが足を射抜かれた・・・
その怪我は、母親が掴んでいた場所。
つまり、川に浸らなかった場所なんです。

そこだけは、無敵ではなかったのです。

最弱の敵に最強が殺られた皮肉もあって、
人間の【弱点】という意味で、その箇所が
Achilles heel  すなわち
アキレス腱と名ずけられました。

 

ヘラクレスは、ディズニーでも映画化されている程の、
ギリシャ神話で一番強く逞しく、人気のある英雄です。
アキレスの説明で、だいぶギリシャ神話編にそれてしまったため、
彼の説明は割愛します。彼の説明をすると、
12の試練についても話したくなってしまうので ・・笑

また、アベンジャーズの3キャラは
知らないかたは、映画を見ていただけたらと思います。



さて、歌詞に戻りたいと思います。
歌詞の単語は特に難しいものはありません。

ですが、簡単そうで、実は解釈が難解なものが1つありました。

Achilles and his gold  です。

この gold が曲者です。
普通に解釈すれば、
アキレスの黄金、アキレスの富 などと訳せますが、
ギリシャ神話において、彼の金に関する話などありません。

これはおそらくですが、スラング的な意味として、
Gold = かっこいい  
と解釈するんだと思います。

実は、彼はすごく整った顔つきだったと記載されています。

その訳し方だと歌詞がスムーズに理解できるので、
ちょっと解説させていただきました。
 

※2018/5月4日更新 
いまさらですが、Goldに対しての最も納得のいきやすい
解釈がわかりました。

彼の強靭な体とかけて、硬さの意味をこめて
と表現したんだと思います。


本来なら、硬い鉱物でしたら、金よりも硬いのは
まだまだあり、例えるならダイヤモンドとか
でも良いのでは
と、思うでしょうが、あえてGoldとしたのは、
おそらく、その手前の歌詞
I've been reading books of old 
【old】 の韻をふむのに都合が良いからだと思います。
これだとかなりしっくりきます。
あーーなんで気づかなかったんだろう 笑        
       

さて、この歌の流れを簡単に説明すると、
男女のカップルの望む葛藤を男性視点で歌詞化されていて、
どちらかというと、女性の想いに包まれてこようと
思い直してきている歌なのです。


以前紹介した、同アーティストのヒット曲
Closer(←和訳ブログあり クリック)という歌と違って、
今回歌っている人は1人です。

ですが、男性側でありながら、
でも彼女はこう言っていた   と
心の中で、女性の主張を思い出しています。

今回、歌詞中の男女の主張をわかりやすく色を変えています。
青が男性
ピンクが女性の 想いです。


男性の思いは、とっても具体的に人物まで表記されています。
最初の歌詞では、英雄4人の長所を語り、
本当はこんな感じにビッグな人間になりたかったんだけど、
なれなかった
と彼女に相談したかのような歌詞になっています。

落胆している歌詞です。

しかしそれとは対照的なのが女性側の視点です。

But She said  
でも彼女は言ったんだ
 

から始まる、彼女の想い。


あなたが何を目指しているのかわからない。
私が欲しいのは、そばに身をよせられる【何か】
安心してキスをできる【何か】
そんな【何か】が欲しいの



この想いを必死に男性に伝えているのを、
男性が思い出しているのです。


ここで見えてきたと思います。
この曲の最大のテーマは
【必死に伝えている彼女の純愛の歌】
なのです。


つまり、男女の理想としている考えが
すれ違っているということが見て取れます。


僕は、男ですので、この歌の気持ちがよくわかります。
そして過去に、女性側のこの歌詞のような想いが理解できなかったために
当時、彼女と別れてしまったんだと
後々になって、
理解し
後悔してしまうのです。


みなさんは、こんな経験あったりしましたか?

そして、理解してしまったがために、
結構な時間、引きずってしまったことありませんか?
僕はありましたよ・・・


ずばり男というものは、
BIG になろうと躍起になるものです。


言葉をかえれば、
大きな夢に向かって右往左往する生き物なのです。


ただ男性の主張を代弁するとすれば、
この夢が叶えば、そばにいる女性を幸せにできる。
喜んでもらえる、と考えているからなのです。


ですから、いわば長い目で見てるだけで
彼女の事を考えていることには違いないのです。


ですが、女性の感性は、男性の考えとは違うのです。

女性は、いつだって【今】欲しいのです。
歌詞にあるように、安心してキスができるような
【何か】が欲しいのです。


そして、男性側は、その【何か】が足りないのです。
それが何なのか、男性側が理解できなければ、
この男女の気持ちはすれ違ってしまうことを意味しています。

この歌は、それを男性側の視点で葛藤しています。
ですから、サビの
I want something just like this は、
本来は女性の主張ですが、
心の中で、答えを探している男性の気持ちも表している
という事を理解していただけたらと思います。


じゃあ結局【何か】とはなんなのか?
これは大まかに言えば
おそらく【愛】に間違いはありません。

ですが、愛というものほど、
可視化できず、不確かなものはありません。



せめて、愛に色でもあって、オーラみたいにわかれば、
どれだけ恋愛に苦労しなかったか。。笑


だから、愛と一括りにはできません。
愛が伝わるような、何かが欲しいのだと思います。

もちろん明確な答えはありません。
もしかしたら、女性の方々は、既にわかっているのかもしれませんが。


ただ、
男というものは、愛のために、
いつも遠回りしつつもなんだかんだ必死になっているんですよ。

伝えかたが不器用なだけです。
この歌詞や過去の自分の経験から考えれば。


ですが、女性はいつだって、ストレートに愛を考えていると思います。
この思考は、男性が自分の事を考えて行動しているに対して、
女性は、自分を顧みず男性の事を考えている 【純愛】を意味します。


この女性の果実100パーセントの愛を注いでくれる想いこそ

この歌の真髄です。

先ほど、すれ違うという表現こそしましたが、
この歌は、お互い深いところでは両想いな歌です。
互いが好きだからこそ複雑に悩むちょっとしたすれ違いです。
シンプルな所ではしっかりと繋がっているという点は
一応補足しておきます。
        
        
       
恋愛とは、今も昔も変わらないものです。
どんなにテクノロジーが進化しようとも、
機械のスイッチひとつで、
愛を操ることなど、現代の利器であってしてもできません。



だからこそ、恋愛というものが人生にとっては、
今もかわらず、崇高な存在として、
世界中の人たちを、良くも悪くも悩ませています。



私自身を含め、みなさんも愛のために
【何】が必要なのか、この歌を通じて考えて見ても良いかもですね。


この度も長々でしたが、見てくれたかた、ありがとうございます★ 


↓チェインスモーカーズが好きな方はこちらもおすすめです↓

【※鳥肌注意】■Closer (feat,Halsey) ■The Chainsmokers 【歌詞・和訳】※映画『君の名は。』と共通点あり!?
       
       


伝わって欲しいこの想い・・・的に


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


《この歌の人気の真髄は、サビの魔法の言葉にあった》




2016年夏、日本中は映画【君の名は。】にどっぷりと酔いしれました。

同時期、世界は、この【Closer】の音楽にどっぷりと酔いしれました。


この音楽は、英語の苦手な私たち日本人にも、
着実に広まっていて、且つ人気をさらっています。


この歌を手掛けているのは【The Chainsmokers】という
アメリカの二人組です。

そしてこの歌はフィーチャリングとして【Halsey】という
アメリカの若い女性も歌に参加しています。
この女性、歌手としてはまだ新米で若いのですが、
見た目のインパクトと今回の曲のヒットで、
一気に大物歌手になりそうな予感の期待の歌手です。

ちなみに名前の発音は【ホールジー】です。
緑の髪の毛の印象が強く、初音ミクに似てると称されたこともあるようです(^^)


簡単に歌手の説明をしましたが、この歌が世界に広まる前は、
そこまで認知度はありませんでした。


少なからず日本では。


さて、そんな彼らがどんな魔法をかけて、世界中を虜にしていったのでしょう。

僕なりの視点で、この歌を解説していきたいと思います。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


Hey, I was doing just fine before I met you
I drink too much and that's an issue
But I'm OK
Hey, you tell your friends it was nice to meet them
But I hope I never see them again

I know it breaks your heart
Moved to the city in a broke-down car
And four years, no calls
Now you're looking pretty in a hotel bar
And I, I, I, I, I can't stop
No, I, I, I, I, I can't stop

※サビ -------------------------------------------
So, baby, pull me closer
In the back seat of your Rover
That I know you can't afford
Bite that tattoo on your shoulder
Pull the sheets right off the corner
Of that mattress that you stole
From your roommate back in Boulder
We ain't ever getting older
-----------------------------------------------------

We ain't ever getting older
We ain't ever getting older

 ②
You look as good as the day I met you
I forget just why I left you,
I was insane
Stay and play that Blink-182 song
That we beat to death in Tucson OK

I know it breaks your heart
Moved to the city in a broke-down car
And four years, no call
Now I'm looking pretty in a hotel bar
And I, I, I, I, I can't stop
No, I, I, I, I, I can't stop


※サビ くり返し


We ain't ever getting older
We ain't ever getting older


※サビ くり返し


We ain't ever getting older
No, we ain't ever getting older
We ain't ever getting older
No, we ain't ever getting older
We ain't ever getting older
We ain't ever getting older
We ain't ever getting older
No, we ain't ever getting older

We ain't ever getting older
No, we ain't ever getting older

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】


特に問題無かったよ、君に会う前はね
お酒は結構飲んでてさ、まぁそれは問題かもだけど
でも、大丈夫さ!
ねぇ、君の友達に会えて良かったと言っててね
でも、もう2度と会う事を望まないけどね


君が悲しむことはわかってた
おんぼろ車で都会に引っ越してさ
そして4年、音沙汰なし
でも今、ホテルのバーで綺麗な君を見つけてさ
止めることができない
この想いを止めることができないんだ


※サビ ------------------------------------------------------------------
ねぇ、お願い、僕らをくっつけて!
君のRoverの後部座席で  (Rover→車種)
あなたのタトゥー入りの肩を噛むの
最後にはシーツが引っ張られちゃうね
Boulderのクラスメイトから (Boulder→アメリカの街の名)
マットレスを盗んだり
ほんっと僕らはガキだったな★

-----------------------------------------------------------------------------

僕らはあれからちっとも変わってないね
僕らはあれからちっとも変わってないね



あなたは出会った日と同じように良い恰好ね
私はなぜあなたから去ったんだろ、忘れちゃうもんだね
そこにいて、一緒にBlink-182の曲を聞こうよ (Blink-182→アーティスト)
Tucsonで私たちは死ぬほどハジけたよね (Tucson→アメリカの街)


君が悲しむことはわかってた
おんぼろ車で都会に引っ越してさ
そして4年、音沙汰なし
でも今、ホテルのバーで綺麗な君を見つけてさ
止めることができない
この想いを止めることができないんだ



※サビ くり返し


僕らはあれからちっとも変わってないね
僕らはあれからちっとも変わってないね


※サビ くり返し


僕らはあれからちっとも変わってないね ×8回

僕らはあれからちっとも変わってないね ×2回


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?(*'ω'*)

実は今回僕は、この歌詞の和訳の内容ついて、
詳しい説明はするつもりはありません。


歌詞上の和訳が、説明の全てです。


大まかに歌詞の全体図を伝えるとすれば、

付き合っていた男女が、予期しない別れを遂げてしまって、
4年後、たまたまホテルでばったり会って、
もう一度付き合いたいという気持ちで
過去話に盛り上がっている


という感じです。

①は男性②は女性視点で歌いあげ、
サビは2人の愛の頂点の思い出に花を添えています。


ストーリー的にも、意図せず離れ離れになった過去。

なんだか【君の名を。】の片割れ時 山頂でやっと出会えた2人・・・
しかし、それも束の間で離れ離れになったシチュエーションと


不思議と似ています('ω')


4年というブランクを経て、ホテルでばったり会って、
いてもたってもいられず、引き寄せられる2人・・・

【君の名は。】では、片割れ時で出会えたのが2013年、
それから、お互い名前を忘れ、8年のブランクを経て
電車の窓越しに出会い、
いてもたってもいられず、引き寄せられる瀧くんと三葉ちゃん・・・


内容は全然違うのに、Boy meets girl の展開が同じなんですよね。


同時期にオンエアーされてお互い大ヒットし、なんだか共通点が結構あったりします。

逆を考えれば、人はこの手の展開にとても心が感傷的になるのかもしれませんね( ;∀;)


話は逸れますが、僕は【君の名は。】5回見ました!(笑)
きっと同じ境遇の人がいると僕は信じています (^^♪



さて【Closer】に戻りましょう。

まぁ歌詞の成り行きを大まかに説明しましたが、
もっと詳細を知りたい方は、ほかの和訳サイトで調べた方が理解できます。

どうして、詳細を説明しないかというと、
この歌は、歌詞の内容は深く考えなくて良いからです。

なぜなら、この歌詞はおおよそ体験談と思わせる、
妙にリアルな記載があります。
車の種類だったり、アメリカの街だったり、昔のアーティストだったりと。

ですが、細かい記載がゆえに、
歌詞を理解するのに、単語を調べなくてはいけない為
すらすらと情景が頭に入ってきません。

まぁ、これは少なからず英語が苦手な日本人は、 と付け加えておきます。


ですが、この歌は日本でもかなり人気です。
なぜなのか?


僕のブログでは、ここを重点的に説明したいと思います。

※※※※
結論からいいます。
この【Closer】という曲は、
聞いた瞬間、直感的に気持ちが良くなる、
言葉の羅列が、魔法のように体に入ってくるからです。

※※※※

もっと具体的に言うと、
サビの歌詞中の単語内にある
【o】【er】のリズムによる、
直感的な聞き心地の良さにあるのではないかと思っています。


みなさん、気づいたでしょうか?
サビの歌詞の1小節ごとの最後の単語、

Closer
Rover
afford
shoulder
corner
stole
Boulder
older


発音してみてください。
なんだか似てません?(^^♪

今度は色分けしてみましょう

Closer
Rover
afford
shoulder
corner
stole
Boulder
older


見事にすべてに【o】が含まれています!
同じくほとんどに【er】が含まれていますね!


つまり、これでもか!ってくらい
韻をふんでいるんですよ♪


この魔法の羅列が、リズムと調和して、
直感的に、瞬間的に心地よさを生み出してます。

さらに、この歌は長い歌詞のようで、
実はそうでもなく、繰り返し同じ歌詞が出てくるため、
反復作用も効き、音楽を聞き終えた後も、
自然と頭に残るような歌詞リズムになっています。



これは歌の魔力です。


歌詞の意味が分からなくても、
なんとなく歌い方がカッコよくて
記憶に残るとしたら、音楽の良さも一因ありますが、
【Closer】に関しては、言葉の魔法が人気の秘密なのではないかと、
個人的には納得しています。



耳に残ると、なんとなく歌うこともできます★
自然と口ずさむくらいになっていたら、既に魔法が浸透していることでしょう(*^▽^*)


人気の曲ともあって、カラオケにも早々に導入されました。
実際歌ってみましたが、
めちゃくちゃ歌いやすくて気持ちよく歌えます♪

この歌は、他にも韻を踏んでいる箇所があります。

例えば
I met youan issue

Blink-182 song beat to death in Tucson

まだまだありますが、
こうやって考えると、町名やアーティスト名といった細かい単語の数々は、
韻をふませる為の、多少強引なつじつま合わせのような気もします。


したがって、歌詞の詳細を追求するのはナンセンスかなと思いました
歌詞の意味よりも、言葉の魔法
すなわち、

直感的に感じる音楽、歌のフィーリングに注目して、
この曲を聞いてくれたらなと思っています。



・・・というか、この曲に興味があって、このブログを見ている方は、
既に魔法にかかっているでしょうから、
僕が説明すること自体ナンセンスだったかもしれません(笑)


さて、そういやタイトルの【Closer】の意味を教えていませんでしたね。
Closeは皆さんも知っての通り、閉じる・閉めるといった意味合いがあります。

しかしこの歌詞の内容に、この訳し方だとわかりずらいかもしれません。

みなさん、例えば両手で扉を閉めるジェスチャーをする場合どうしますか?
おそらく横に広げた両手をくっつけると思います。


この両手、男性と女性に見立ててみてください。
それがこの歌詞での意味合いです。



・・・というわけで、切なさも混じった男女の恋愛の歌にプラスして、
歌詞の魔法で聴く者をたちまち魅了する 大人気ソングの紹介でした★


今回も長々でしたが、見てくれた方ありがとうございます(*'▽')

※2017年ヒット曲 Something Just like This のブログはこちら! ←クリック


BlogPaint

サビ中にある、"Bite that tattoo on your shoulder" って愛の営みの最中、
気持ちが高揚した時に起こり得るシチュ
かなぁって思ったので絵にしてみました。

だからサビって女性目線なのかなぁ?
次小節の"Pull the sheets right off the corner" も、
女性が高揚の絶頂にさしかかった時に起こる
シーツをぎゅっと掴むアレを意味するんだと思うんです(#^.^#)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


《人間であろうが俺たちは動物ってことに変わりはない★》


きDJアーティストの勢いある音楽を紹介します

この音楽には歌詞が一瞬しかありません。

とにかく音楽と動画を見て、感じてください!


このアーティストは、現在20歳の【Martin Garrix】(マーティン ギャリックス)

僕の大好きなオランダ出身です♪

そんな彼が制作した渾身の音楽が【Animals】
翻訳は誰でも分かる通り【動物たち】です。


まぁとにかく動画を見て聞いてください(*'▽')♪
あ、ちなみに歌詞は一瞬です!お見逃しなく

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

We are the fuckin' animals

We are the fuckin' animals

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
【和訳】

俺たちはイカれた動物だ★

俺たちは畜生な動物だぜ♪


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いかがでしたでしょうか?

まぁ歌詞を見ると、ちょっと汚い言葉はありますけど、
言いたいことと勢いはなんとなく伝わりませんか?


若気の至りみたいなものです
僕だって高校生のころは
そんなハッちゃけ気分で過ごしたものです。

なぜ高校時代を対象にもってきたかというと、
この音楽が発表されたのが、2013年。


つまり3年前です。

要するに、Martin Garrixが17歳の時に作った音楽だからです。


そう考えると、すごくないですか?

若干17歳の少年の作った音楽が世界的にヒット・・・
おまけにイケメン!!

さて、音楽は典型的なEDMですが、やはり耳に残るんですよね。
そのうちやみつきになります。


動画の内容は、動物の仮面をかぶって、とにかく騒いでいます。
正直、意味は明確には伝わりませんが、
若き日の自分もこんな時代があったよなぁ・・と思うと、
存外わからなくもない、むしろこれが人間であり、本能なのかなと思う一面もあります。


まぁ、いろいろこの音楽を追求するのは無粋ですね。
動物みたいに、ただ本能に任せてノリノリになるのが、
この音楽の正しい聞き方かもしれません(#^.^#)




それでは本日も見たくれた方ありがとうございました★

image


ただ、猫っぽい17歳を描きたかっただけです('ω')ノ


にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

●●【2018年4月追記】●●
※先日の衝撃的なニュースでAviciiがこの世を去った事を知りました。
彼の音楽と感性が好きなブログ管理人の私自身ショックを隠しきれません。
まずは彼のご冥福をお祈りいたします。

※こちらAviciiの自殺についてブログ更新しました  ←クリック

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス



《なにげない日常をもAviciiにかかれば魔法の歌詞となる》



が熱くなるAviciiの音楽を本日は熱く語りたいと思います!

自身のブログで【Avicii】の曲は、今回で3曲目の紹介となります。
※Aviciiの曲の記事一覧はコチラ★

この音楽のタイトルは
【Waiting For Love】
意味は【愛を待っている】です。

愛を待つ・・・なんだか感動しそうなタイトルですね!

しかし、このタイトル、単調には終わってくれません。
なぜならAviciiだから★

この音楽は、英語の苦手な日本人の耳にも残りやすい規則に乗っ取った英単語が並びます。
それによって、この歌詞のおおまかな流れを容易に想像することができます。

しかし、そんな歌詞をもシンプルには作られておりません。
だってAviciiだもん★


そんなAviciiワールド炸裂の珠玉の一曲を、
僕なりに解釈していきたいと思います。

※ちなみに、PVはラストの展開がちょっと意味不明です(笑)



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


Where there's a will, there's a way, kind of beautiful
And every night has its day, so magical
And if there's love in this life, there's no obstacle
That can't be defeated


For every tyrant a tear for the vulnerable
In every lost soul the bones of a miracle
For every dreamer a dream we're unstoppable
With something to believe in


※サビ------------------------------------------------
Monday left me broken
Tuesday I was through with hoping
Wednesday my empty arms were open
Thursday waiting for love, waiting for love
Thank the stars it's Friday
I'm burning like a fire gone wild on Saturday
Guess I won't be coming to church on Sunday
I'll be waiting for love, waiting for love
To come around
---------------------------------------------------------



We are one of a kind irreplaceable
How did I get so blind and so cynical
If there's love in this life we're unstoppable
No, we can't be defeated


※サビ くり返し


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【和訳】


"意志あるところに道は開ける" なんだか美しいね


毎日、夜はやがて朝になる 魔法そのものさ
そして、この人生に愛があれば 障害なんてなくなる
できないことはないんだよ


どんな悪い人でも、涙を流したり傷つくこともある
そんな悪い人の魂にも、奇跡の骨がある
夢を持ち続けている人を、私たちにはとめられない
そんな人たちを信じるているしね


※サビ------------------------------------------------
月曜日 すっごく落ち込んでさ
火曜日 僕はあきらめてしまった
水曜日 空っぽの腕を広げたんだ
木曜日 愛を待っている 愛を待っている
ありがたいなぁ、それは金曜日
まるで炎のように、燃え滾っているぜ 土曜日
教会には行きたくないなぁと思うこの頃 日曜日
愛を待っている 愛を待っている
愛が来るまで
----------------------------------------------------------



私たちは かけがえのない唯一の存在だ
どうして人間というものは、事態が見えなくなる程、
愚かなことを言うようになってしまったのか・・・
この人生に愛があれば 障害なんてなくなる
できないことはないんだよね



※サビ くり返し


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

日本語がペラペラの素敵なフィリピン女性と、国際結婚できるお見合いライブチャット!


さて、いかがでしたでしょうか('ω')?

この歌詞の素敵なところは、
言葉の表現に限界が見えない点です。

さすがはAviciiといったところでしょう。

タイトル【Waiting For Love】
ジッと待っているというタイトルからして、
を感じる音楽に思うでしょうが、

出だしのイントロから、弾けるピアノの旋律!
いかにも今にも動きだそうとしているような音楽は、
良い意味で聞く者を裏切ってくれます。


なぜなら、この歌はどちらかというと、動きのある歌だからです。

この曲、一言で説明するならば、実は
【ごくごく普通の日常】
なのです。


それでは下記より、少し詳細を説明していきます。

みなさんは、初めてこの曲を聞いたとき、
耳に残ったフレーズはありませんでしたか?

※※
Monday~
Tuesday~
Wednesday~
※※


この規則性。
わかりますよね?
これは一週間をかたどった流れの歌詞になっています。
月曜日からはじまり、日曜日でラストの一週間。

この一週間の流れは、何を意味しているのでしょうか。
どうして一週間を歌詞にしているのか?



この歌の歌詞の一番最初
【Where there's a will, there's a way】
海外でよく知られていることわざです。
【意志あるところに道は開ける】という意味です。


誰だって、意思(目的)があれば、
そこに向かおうとする意志があれば、
必ずや新しい道が開かれるという


人のやる気を促進させる
とっても素敵なお言葉です。

先ほど"誰だって"といいましたが、
Aviciiはあえて、あまり良く思われない方々の人も含めた
いわゆる【危ない人】も対象に歌詞で説明しています。

悪い人も、独裁者も誰でも、
夢というものは持っていて、
それを達成しようという意思を持って進むという事。


その意思そのものには、善悪はありません。
だからこそ、意思を行動に移す人は輝いているという意味で、
【悪い人の魂にも、奇跡の骨がある】
と歌詞にしているのです。


●さぁここからがサビの部分の一週間の歌詞の説明です。

月曜日:すごく落ち込んでます
え?なんで!?
ってなるかもしれませんが、
ここではいったんスルーします。

火曜日:何かをあきらめてしまったようです。(前向きに捉えてください)
前日の落ち込みをひきずらないよう、気持ちのリセットを図ろうとしています。

水曜日:腕を広げます。
気持ちをリセットし、新しい一歩目を踏んでいこうという意思の表れです。
前を向き始めました。

木曜日:ここで【Waiting For Love】のタイトルが来ます。
ここも、後程説明します。

金曜日:とても喜んでいます。
空に向かって星に感謝する程にです。
さて、どうしてでしょうね。

土曜日:燃えまくっています!もちろん例え表現です。
燃えるほどテンションがMAXなのでしょう。

日曜日:これは日本人にはピンと来ないかもしれません。
教会がほとんど無いし、行かないですからね。
西洋の、主にキリスト教・カトリック教圏内は、
日曜日になると、教会に行ってミサ(お祈り)をする習慣があります。

必ず行かなければいけないわけではありませんが、
行かないと、なんだかバツが悪い感じになるそうです。

日本では、そのような習慣が無いので、この歌詞は、
西洋独特の言い回しです。

※ちなみにイスラム教の場合、
イスラム教は金曜日モスクという教会みたいな建物に入って、
神の話を聞く習慣があります。まぁこれは主に男性ですが。


仏教にはこうゆうのはないですね。せいぜいお正月に神社に行ってお参りする程度です。

ですから、この歌詞の日曜日の意味は、
いつもの習慣を放棄したいくらい、今持っている意思が燃えてたぎっている
と解釈してください。


これで一週間が終了しました。
これは何を意味するんでしょう。

気分をチャート図式で表すならば、
日を追うごとにテンションは右上がりになっています。



これって、
まさに、世界共通の人間の一週間の心理に似ています。


月曜日から金曜日は平日で、土日は休み。
これは暦(カレンダー)を持っているほとんどの国に共通しています。


学生も社会人も、カレンダーの設定ありきで行動していますよね。


あたりまえですが、これは人間だけです。
動物や昆虫には、そんなものはありませんから、
特定された日に対して特別な感情はありません。

全ての日を同じサイクルで生活するのが、ベストとされています。


ですが、人間はそうゆう心持ちにはなっておりません。

仕事や学校は、普通に考えたら、行きたくありませんよね?(笑)
土日の休みは、当然嬉しいものです。

ですから、日曜日の後の月曜日なんて、
気持ちの上では最悪ですよ・・


だから月曜日はテンションが低い。
人によっては、エンジンすらかからない状態が月曜日です。
週初めの月曜日は、なにかとネガティブな思いがありますよね。

それを歌詞で表現しているんです。

火曜日も、まだ気分は上々とは言えません。
まだ、休みまで半分も過ぎていないという憂鬱感が、月曜日から引き継がれています。

水曜日はというと、午後あたりから、週の折り返しだーー!
って気分になって、だんだん気分が上がってきたりしませんか?

木曜日は、どちらかというと普通の気持ち(笑)
もちろん、休みまでもう少しで嬉しいけど、まだあと一日あるという気持ちもあり、
頑張れるけど、気分はそれほど上がらない、まぁちょっとは嬉しいんだけど(笑)

しかし、金曜日は平日最終日です。
仕事でも学校でも、この日は最終日だーってな感じでテンションが上がってきます★
そりゃ、金曜日に感謝もしたくなりますよ。
日本はそれでも、金曜日に対しては穏やかな方ではあります。
海外ではHappy Friday といわれるほど、金曜日を毎週祝福し、
毎回盛り上がるんですよ♪


土日に関しては、説明しなくても分かりますよね?(#^.^#)

・・というわけで、このサビの意味は、
普遍的な日常をカッコよく歌詞にしているんです。


こういった気持ちの流れを歌詞の裏表現として読み取っていいただければ、
第一段階の解釈は終わりです。


もちろんAviciiはこの解釈で終わりにはしてくれません。
この解釈こそが、仮の解釈といわれても良いくらい、
真の意味が歌詞とタイトルに込められています。



さて、これまでに何度もタイトルである、
【Waiting For Love】を連呼してきましたが、
現在の解釈では、全くタイトルの意味に合っていません。

Waiting!?  むしろ動きまくってるじゃん!って思いませんか?
Love?  どこに恋愛要素があるの? って首をかしげてませんか?



・・・ということで、上記の解説を理解したうえで、ようやくわかる本当の歌詞。

この歌詞の真の意味。いわゆる『芯』の部分は。
【人の人生そのもの】
を伝えています。

この歌詞は、人の生きざまを一週間に見立てて表現している、
つまりは2段階比喩表現の歌詞なのです。


私たちは、人生において、必ず何かを欲します。
欲する思いというものは、今、その瞬間は自身は持ち合わせていません。

ですから、持ちたい、たどり着きたい、
こんな思いが、誰にでもあるはずです。

対象は、無限にあります。
それこそタイトルにある『愛』もその一つでしょう。

恋愛を成就させたい -----これは愛を欲しています。
お金持ちになりたい -----これはお金ですよね。
受験に合格したい ----学力や、点数、単位でしょうか。
他にも競技で優勝したい、とかお店を繁盛させたいとか
いろんな分野で、成功や幸せを得るために、
心の中で、思いをはせる、

ごくごく自然に発生する思いです。

この思いが強くなればなるほど、人には新しい道が開けくるものですよね?

ここで、歌詞の最初を思い出してください。
【Where there's a will, there's a way】でしたよね(^^)


さて、そしてサビです。

月曜日の落ち込みは何を意味するのか?

これは、いわゆるその目的達成にたちはだかる『壁』というやつです。
スランプ状態とでもいいましょうか。
大きな夢や、思いは、必ずといっていい程、すんなりとは叶えさせてくれません。

そんなとき、人は暗くなり、悩みにふけ、時には泣いたり落ち込んだりもするでしょう。

この歌は、ここがスタートラインとして、月曜日という比喩表現を使っています。

しかし、ずっと落ち込んでいられないと分かっているのも人間の素晴らしい本能です。
いつかは、現在の状態を打破しようと、考えます。

その手段は様々です。あきらめるのも一つの手段でしょう。これが火曜日。
それは次のスタートへの切り替えの大事な一歩です。
あきらめきれなくても、時間が解決してくれることもあります。

水曜日になりました。ゆっくりと人は前を向きます。
叶えたい、欲しい、それによって行動するのは、生物の本能です。
いつまでも下を向いてばかりはいられません。
両手を大きく広げて、スタートするのです。
これが、新たなスタートとなるか、再度のスタートとなるかは、
人それぞれですが、スタートするのです。

木曜日、歌詞上では【Waiting For Love】ですね。
ここの表現が、Aviciiらしい表現です。

この流れだったら、やっぱりWaitingはおかしいですよね。
完全に動きある流れです。
Moving,Starting,Runningの方がしっくりきそうな感じです。

しかしながら、これらの動詞にすると、動きが特定されてしまいます。
これはAviciiの配慮と小技が隠されています。

思うこと自体に、身体としてのアクションはありません。
人は行動する前に、必ず思いを発します。
行動する前に、まずは願うのが人の性です。

ましてや、神を信じる人たちなら、なんら不思議ではありません。
願いが叶うように、祈る、受け身で待っているというのは、
間違いなく【Waiting】です。

そしてこの想いは、目に見える行動を示している時にも、
消えることなく、心の中にあるはずです。
行動しつつ、心の中では願う。

ですから、この【Waiting】は、今回に限り、この歌に限り、
アクションを対象とする、動きある他のあらゆる動詞よりも、
よっぽど激しく動いている動詞なのです。


待っている(静止している)のに、ガンガン動いている、頑張っている!

さすがはAviciiです★

金、土、日はわかりますよね?

迷いなき心は、一気に目的に向かって突き進むのみです!
教会なんて行く暇など無いという事です。



お次、そしてタイトルの、
この【Love】も単純に恋愛や慈愛だけではない事はわかって来ましたよね。

この歌詞は、思いや想い、願い、望みの全てを対象にしています。
名詞でいったら、WishHopeという表現も出来たと思います。

ですが、ここであえて【Love】と表現したのは、なんらかの意図があったのだと思います。
僕もうまく説明はできません。
まぁAvicii本人に聞かないことには、わかりませんが、
ですが、なんとなくわかりますよね。

この【Love】はいわば【Everything】【All】です。

私たちが叶えたい思い、
願う気持ちはそもそも何の為だろう?


それを今一度振りかえって見てください。



行きつく先は、おそらく誰もが・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・



愛の為?







という事なのかな?(*'ω'*)たぶん


<この歌の結論>
誰にでも持ち合わせている、普通の一週間、
もとい、普遍的な人生そのものを、
Avicii節で表現している超イカしている曲♪





・・という事で、今回も長くなってしまいましたね(^-^;
最後まで見てくれた方、ありがとうございました!


※2018年4月29日更新 ↓クリック
※涙歌【Aviciiの自殺について】
■ King ■Lauren Aquilina【歌詞・和訳】 生きているうちに伝えたかった言葉






image

この絵は、曜日で例えるなら、
火曜日から水曜日に差し掛かるタイミングですかね★



去年、日本中を虜にしたこの映画も、ある意味Waiting For Loveですね!(^^)
ちなみにこの商品は【君の名は。ジグソーパズル】です。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ